マイレ公園

マーカーはマイレ公園です。

マイレ公園(Maille (Esslingen am Neckar))
[マイレ公園はエスリンゲン・アム・ネッカー(Esslingen am Neckar)の中心にある公園です。
18世紀半ばまでさかのぼることができる緑のエリアの名前は、ロスネッカー運河とヴェールネッカー運河の間の平坦なエリアが17世紀に人気のあったパイユ・マイレ(Paille-Maille)ゲームに使用された可能性があることを示しています。さらに、施設は常に共同財産として使用されていました。1739年の トビアス・メイヤー(Tobias Mayer)によるエスリンゲンの地図には、すでにエリアルートのネットワークとメイルの大通りが描かれています。1751年と1752年には、栗、シナノキ、クルミの木が経路に沿って体系的に植えられ、1900年頃に平面の木が作成されました。
1828年、第2回のシュヴァーベンの歌と歌手のフェスティバルの午後のパーティーがMailleで行われました。1845年にエスリンゲン体操クラブが設立された後、1847年に体操用のマイレのコーナーがオープンしました。
カール・プファフ(Karl Pfaff)の記念碑は1868年に建てられ、インナーブリッジの近くに置かれました。砂岩ベースの胸像は、エルンスト・ラウ(Ernst Rau)によって作成されました。別の記念碑は1895年にテオドール・ゲオルギス(Theodor Georgii)に敬意を表して建てられました。
春のマイレ公園・wikipedia-photo、「冬のマイレ公園、インナーブリッジの眺め」・wikipedia-photo]

マイレ – Google Map 画像リンク」「Maille Park – Google Map 画像リンク

カメラ位置はインナー・ブリッジ前で、カメラ南東方向にカール・プファフ(Karl Pfaff)の胸像があります。

カメラ位置はロスネッカー運河歩道橋上で、カメラ南西方向がマイレ公園です。