メルセデス・ベンツ博物館

マーカーはメルセデス・ベンツ博物館です。

>

メルセデス・ベンツ博物館
[2006年、ワールドサッカー・ゲームにちょうど間に合って、シュトゥットガルトダイムラー・クライスラー工場の門の前でメルセデス・ベンツ・ワールドの開館式が行われました。110年間の車の技術革新の歴史が生き生きと再現されています。16,500平方メートルの展示会場は9つの階に別れ、自動車のパイオニア時代からの姿を伝えています。カール・ベンツゴットリープ・ダイムラーによる世界最初の自動車を見学、そしてもちろん最初のメルセデスも登場、そしてさらにメルセデスの神話に欠かせない160台の車が続きます。その中にはレーシングカーの歴史を綴ったあの伝説の“シルバー・プファイル”、その他トラック、バスなどの輸送車もあります。オーディオガイドとガイド付きツアーがあります。毎週月曜日休館。  (「メルセデス・ベンツ・ワールド 」より)]

[1923年に設立された歴史ある自動車博物館、2006年に建物も新たにリニューアルを果たした。車を歴史とテーマに沿って、本物の車を例にとりながら紹介してくれる。カーマニアはもちろん、そうでなくても楽しめるだろう。スロープを用いユニバーサルデザインに配慮した建物や、無線等の技術を使った展示・案内方法も面白い。全員に配られるオーディオガイド(日本語あり)で各フロアをまわるので、海外のミュージアムでありがちな「なんか色々見たけど結局よく分かんなかった」ということもなく英語・ドイツ語が苦手な人でも楽しめる。さらに、オーディオガイドに付いていたストラップはお土産としてもらうことができる。地下にはありとあらゆるメルセデス・ベンツグッズが販売されている。  (「シュトゥットガルト – Wikitravel」より)]

カメラ西南西方向がメルセデス・ベンツ博物館です。

メルセデス・ベンツ博物館展示ホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*