ルートヴィヒスブルク城

マーカーはルートヴィヒスブルク城です。

>

ルートヴィヒスブルク城
[18世紀の君主たちにとってヴェルサイユ宮殿は、羨望の的でありお手本でした。この絶対主義者の宮殿の夢を徹底的に実現しようとした君主は、ルートヴィッヒスブルクの支配者でした。戦災を受けずに守られたヴュルテンベルク公の居城は、ヨーロッパの最大級の重要なバロック建築宮殿です。エーバーハルト・ルートヴィヒ_(ヴュルテンベルク公)は、1704年から質素な狩猟の館を3翼から成る宮殿に拡張し始めました。時間とともに名誉欲の強い統治者と影響力を持つ妾のヴィルヘルミーネ・フォン・グレーヴェニッツは、もっと地位にふさわしいものを欲するようになりました。そこで1724-1733年に建築家ドナート・ジュゼッペ・フリソーニに4翼目の建物造営を命じ、欧州最大のバロック建築の宮殿という立派な宮殿を造営させます。ルートヴィッヒスブルクは、居城都市シュツットガルトに代わり15年間その役を担ったのでした。ルートヴィッヒスブルクの最盛期は、雄大さと豪奢を好む浪費家のカール・オイゲン_(ヴュルテンベルク公)統治下の1744年からでした。政治家、夫としてはカール・オイゲンは名前を売ることはできませんでしたが、その代りに贅を尽したセンセーショナルな宴会を開きました。「あの頃、ヴュルテンベルク公の宮廷はヨーロッパ一の輝きだった。華麗な建物とありとあらゆる狂気、あの騒ぎにはひと財産かかった」と有名なイタリアの冒険家ジャコモ・カサノヴァが書いています。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世_(ヴュルテンベルク王)は、19世紀初めにニコラウス・フォン・トゥレに命じてフランスエンピール様式に変えました。ヴュルテンベルクの宮廷の輝きを、高価な家具や絵画、彫刻で飾った一連の部屋を見学して感じとることができます。完全に保存されたほかでは見られない宮殿劇場をみれば、演劇と宴会が催された宮廷生活の一端を想像できます。どのレジデンスでもそうですが、ルートヴィッヒスブルクも広い庭園で囲まれています。昔のバロック庭園は、一部が英国風景庭園に改造されていますが、厳密な左右対称と溢れんばかりの花の庭園となっています。庭園の端の小高い所、宮殿から直接見えるところに狩りの宮殿ファヴォリート(お気に入りの意)があります。バロックの館で、キジの狩りをする時にここに集まりました。風変わりなカール・オイゲンは私的な宴の場所としてここを使用し、白い鹿を放しました。古典様式を加えたこの隠れ家は、今日では公園を散策する人のお気に入りのスポットになっています。  (「観光の国ドイツ-ルートヴィッヒスブルク宮殿」より)]

カメラ北方向がルートヴィヒスブルク城です。

ルートヴィヒスブルク城中庭のカメラです。

カメラ南方向がルートヴィヒスブルク城です。

世界最大のかぼちゃ展示会のカメラです。
世界最大のかぼちゃ展示会 – ドイツ生活情報満載!ドイツニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*