ローベントア博物館

マーカーはローベントア博物館です。

>

ローベントア博物館
[ローゼンシュタイン城内の自然博物館は、もともと1791年カール・オイゲン_(ヴュルテンベルク公)の標本コレクションとして始まり、長い伝統を誇っています。その自然科学関連のコレクションはヨーロッパでも指折りのものです。哺乳動物に加え数多くのカブトムシ、鱗翅類も展示されています。展示は手の込んだ造りになっており、それを通し多様な生物の全容を捉える事ができます。また大きな昆虫のコレクションに加え、目を捕らえるのは、本物のイワシクジラの全骨格の標本で、内臓も全て備わっています。また別の展示では、郷土の動物を調べるための、立体“生物種分類図書”があり、展示の中を実際に歩き回ることができます。ここでは、森、泥炭地、畑、岩など、生息環境が細部に至るまで実物に近く造られ、何かを探索したり、発見したり疑似体験が楽しめます。毎週月曜日休館。  (「州立自然博物館 」より)]

カメラ北東方向がローベントア博物館進入路です。

ローベントア博物館屋外展示前のカメラです。

ローベントア博物館前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*