レ・コルブズィエ・ヴァイセンホーフ博物館

マーカーはローベントア博物館です。

>

レ・コルブズィエ・ヴァイセンホーフ博物館
[1927年に行われたドイツ工作連盟博覧会の際に建てられた、有名建築家によるモダニズム建築群。ル・コルビュジエミース・ファン・デル・ローエペーター・ベーレンス等そうそうたるメンバー。本来はグロピウスブルーノ・タウトによる住宅もあったが、第二次世界大戦で焼失してしまい現在は残っていない。ミースによるアパートの1階にインフォメーションセンターがあり、当時を再現した模型やパネルによる説明が見られる。また、土曜の11:00からはドイツ語、または英語によるツアーが行われる。現在でも人が住んでいるので見学の際は配慮を忘れずに。
所在 U-Bahn 7 ‘Killesberg Messe’ 下車 案内に沿って徒歩5分。  (「シュトゥットガルト – Wikitravel」より)]

[ヴァイセンホーフ住居地は現代建築の重要な証です。これは1927年にドイツ労働組合の建築展示のために出来たものです。ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デア・ローエの芸術監督の下に、5ヶ国から17人の建築家が国際的様式の住居プログラムを現代の大都市に住む人たちのために造り上げました。最も注目を集めたのが、P. ジャンネレと共に2つの“住まいの機械”を建てたレ・コルブズィエでした。これは、斜面の上で支えられて浮かんでいるように見えるものでした。2006年からこの家にはヴァイセンホーフ建築史博物館が入っています。片方の半分はレ・コルブズィエ・ハウスとなっていて、1927年の状態を示す足を踏み入れることができる展示品として見学できます。この家は全部で63の住居、21軒の家がある住居地の例として見学モデルとなっています。毎週月曜日休館。  (「レ・コルブズィエ・ヴァイセンホーフ博物館」より)]

カメラ北北西方向がレ・コルブズィエ・ヴァイセンホーフ博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*