新宮殿

マーカーは新宮殿です。

>

新宮殿(Neues Schloss (Stuttgart))
[かつてシュヴァーベン大公リウドルフ(在位:950年 – 954年)の馬が放牧されていたと言われる場所、シュトゥーテンガルテン(Stutengarten・馬の飼育場)から派生したのが、シュトゥットガルトという街の名前と紋章です。現在の旧宮殿のある所です。その絵のように美しいアルカデニンネンホーフと共に、宮殿の街という輝きを残しています。現在はヴュルテンベルク州立博物館となっています。ここから数歩行った所に、バロック建築の豪華な新宮殿があります。30mの高さの柱が立つ宮殿広場は、街の中心でもあり人気のあるミーティングポイントです。  (「見どころ – シュトゥットガルト」より)]

[ちょうどケーニッヒ通り(Königstraße)の中間地点に辺りにあるのが、宮殿広場(Schloßplatz)。買い物に疲れたら、ここで一休みすればよい。向かいに見えるのが、新宮殿。現在、ここはバーデン=ヴュルテンベルク州政府が使用している。一方、右前方に見えるのが、旧宮殿。こちらは州立博物館になっており、シュツットガルトの観光スポットの一つ。  (「ゴットリープ・ダイムラー・シュタディオン会場案内」より)]

[バーデン=ヴュルテンベルク州の州都であるシュトゥットガルトの新宮殿は、1746年から1807年にかけて、ヴュルテンベルク公爵と王の住居と住居の宮殿として建てられました。旧宮殿のすぐ近くに位置し、宮殿広場とともにシュトゥットガルト市の中心を形成しています。
1737年にヴュルテンベルク公カールオイゲン(在位:1737年 – 1793年)は、9歳で新しいヴュルテンベルク公になりました。彼が就任したとき、彼は幼年だったため、彼は教育のためにプロイセン王フリードリッヒ2世(在位:1712年 – 1786年)の宮廷で教育を受け、傍系の親族であるヴュルテンベルク=ノイエンシュタット公カール・ルドルフ(Carl Rudolph・1738年に死去)、次いでヴュルテンベルク=エールス公カール・フリードリヒが摂政として公国を治めた。
16歳で、カールオイゲンは父ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダー(在位:1733年 – 1737年)の後継者としてヴュルテンベルクに戻りました。カール・アレクサンダーの前任者であるエーバーハルト・ルートヴィヒ(在位:1677年 – 1733年)は、1711年に、公爵邸をシュトゥットガルトから12kmのルートヴィヒスブルクに移していました。当時のシュトゥットガルト市は、公爵の住居変更はシュトゥットガルト市の経済的および政治的な力の低下を意味していたため、ヴュルテンベルク州議会の支援を得て、カールオイゲンにシュトゥットガルトに戻るよう説得するよう試みました。条件として、カールオイゲンはルネサンス時代の旧宮殿を置き換えるための適切な宿泊施設の建設を要求しました。
1746年9月3日、基礎石が庭の翼に置かれました。宮廷建築家レオポルド・レッティ(Leopoldo Retti)は1748年までアンスバッハでまだ仕事続行中のため、レッティの計画に従って、ヨハン・クリストフ・デイヴィッド・レガー(Johann Christoph David Leger)の指揮の下で建設が開始されました。1751年9月18日、レッティはシュトゥットガルトで未知の病気で亡くなりました。レティの死後、レティの友人であるパリの建築家フィリップ・ド・ラ・ゲピエール(Philippe de La Guêpière)は仕事を引き継ぎ、1752年にシティ・ウィング(Stadtflügel)を完成させました。ゲピエールは、フランスのベルサイユ宮殿から完全にコピーされた現代建築理論の建築家であり、シュトゥットガルトで建てた現代の宮殿と宮殿の建設の要求を知っていました。彼はまた、庭の翼の内部と、一部はロジス軍団の内部を設計しました。 1758年から1760年にかけて、ポルティコと大理石のホールのドームは、レティスの指揮の下で完成しました。
1762年11月13〜14日の夜、庭の棟の裏で火災が発生し、翼が完全に破壊されました。1763年2月11日、カールオイゲンは、ほぼ完成したシティウィングで誕生日のお祝いを行いました。 これは城で最初の大きなイベントでした。1763年、ゲピエールは再建を試みましたが、コストの増加、財政的制約、カールオイゲンからの関心の欠如により失敗しました。ウィーン帝国会議所と支所は、彼がお金を浪費していると非難したので、長い議論の後、建設は中止され、カール・オイゲンは1764年に彼の住居をルートヴィヒスブルクに移しました。1768年、ゲピエールはパリに戻りました。
カールオイゲンが1793年に亡くなったとき、城の大部分は再建されました。1789年に市の翼は完全に修復され、1791年までに庭の翼が完成しました。他の建設工事は、19世紀まで継続し、1806年のフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの訪問中に宮殿を完成させました
1816年のヴュルテンベルク王フリードリヒ1世(在位:1805年 – 1816年)の死後、ヴィルヘルム1世(在位:1816年 – 1864年)は新宮殿に移りました。ヴィルヘルム2世(在位:1891年 – 1918年)がドイツ革命により1918年11月30日に退位した後、新宮殿は国有になりました。
第二次世界大戦の1944年2月21日と3月2日の空襲により、2つの爆弾が当たった後、外壁が焼き払われ、新宮殿はほぼ完全に破壊されました。再建に関して長い論争があり、新宮殿の遺跡はホテル建設を支持してほぼ取り壊されました。市民と環境保護論者による激しい抗議の後、バーデン・ヴュルテンベルク州議会は1957年に、わずか1票の過半数で、新宮殿を再建することを決定しました。
1958年から1964年までのホルストリンデ(Horst Linde)の指揮下で再建以来、一部が再建された時点で、バーデンヴュルテンベルク州政府によって新しい宮殿が使用されています。
宮殿広場と記念柱のある新しい城・wikipedia-photo、第二次世界大戦で破壊された新宮殿の遺跡(1955年)・wikipedia-photo、夜景・wikipedia-photo、「新宮殿・名誉の中庭(Der Ehrenhof)」・wikipedia-photo、宮殿広場のパビリオンからの眺め・wikipedia-photo、新宮殿の宮殿広場側から夜のパノラマ写真・wikipedia-photo]

新宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が新宮殿です。

カメラ東方向が新宮殿です。

カメラ南西方向が新宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*