旧宮殿(州立歴史博物館)

マーカーは旧宮殿(州立歴史博物館)です。


  

>

旧宮殿(Altes_Schloss・州立歴史博物館)
[かつてシュヴァーベン公爵ルイトルフの馬が放牧されていたと言われる場所、シュトゥーテンガルテンStutengarten(馬の飼育場)から派生したのが、シュトゥットガルトという街の名前と紋章です。現在の旧宮殿のある所です。その絵のように美しいアルカデニンネンホーフと共に、宮殿の街という輝きを残しています。現在はヴュルテンベルク州立博物館となっています。  (「見どころ – シュトゥットガルト」より)]

[ヴュルテンベルク州立博物館 Württembergisches Landesmuseum im Alten Schloss
街の中心にあるシュトゥットガルトの古い城、かつてのバーデン・ヴュルテンベルク伯爵と公爵の城館に、現在はヴュルテンベルク州立博物館があります。この博物館は、石器時代から、ケルト民族古代ローマアレマン民族の時代を経て、中世バロックから新時代までのヴュルテンベルク地方の歴史を紹介しています。博物館の中心になるのは、芸術分野です。公爵が、貴重な物、高価な物、珍しい物なら何でも蒐集した16世紀までさかのぼることができます。王冠と王笏、王妃たちのダイヤモンドの装飾品がかつて栄えた王国の証です。毎週月曜日休館。ガイドを行っています。  (「ヴュルテンベルク州立博物館 」より)]

[古い城はシュトゥットガルトの中心に位置し、1200年ごろから18世紀までは城として使用されました。これまでのところ(2012年現在)、10世紀半ばからの以前の建物への曖昧な歴史的参照のために考古学的な証拠が欠落しています。古い城とシュティフト教会は、シラー広場の重要な建物です。周辺のエリアには、 マルクト・ハレ新宮殿の省庁、近代的なバーデン=ヴュルテンベルク州議会があります。古い城は博物館の建物になり、城の教会は教会の礼拝に使用されます。
950年にヘルズグ・リュドルフ・フォン・シュヴァーベン(Herzug Liudolf von Schwaben)によって作成されたスタッド(Gestüts)農場(「シュトゥットガルテン・Stuotgarten」)を保護するために、シュヴァーベンはその時点ですでに城を建設したと言われています。過去の発掘調査(2005年まで)で、古城の南側(いわゆる「デュルニッツ(Dürnitz)」)から8世紀にまで遡る集落の遺跡と、古い城の前身の遺跡が発見されました。ただし、この建物はおそらく12世紀後半または13世紀前半、つまり10世紀ではなくホーエンシュタウフェン朝( 1138年 – 1208年、1215年 – 1254年)のものです。
損傷を受けた「城-1」の後継者の建設は1300年頃に始まりました。これは、城壁の基礎近くにあるオークの梁の年輪によって確認されます。この「城-2」は、「城-1」とは2つの重要な点で異なっていました。一方で、壁ははるかに深く接地されていたため、近年の発掘では基礎に到達できませんでした。14世紀初頭のこれらの約3.6メートルの厚さの壁は非常に堅固であったため、約250年後に建物が改造され、現在も残っている古い城の南東部で使用されました。(建物の北西部では、改築の必要性ではなく、ルネサンス建築の余地を作るために、これらの壁は当時取り除かれました。)1300年頃の新しい建物のもう1つの重要な変更点は、建物全体がほぼ45度回転したことです。現在、建物は洪水が発生しやすい地域からネセン川(Nesenbach)まで閉鎖され、大きな壁が流れに平行に走り、建物の角はなくなりました。
この「城-2」は、14世紀前半にヴュルテンベルク伯爵の宮殿になりました。
1553年から、ヴュルテンベルク公クリストフ(在位:1550年 – 1568年)とルートヴィヒ(在位:1568年 – 1593年)は中世の城をルネサンスの宮殿に拡張しました。まず、14世紀の主翼が大幅に再建され、新しい階建てのリビングルームが上層階に設置されました。1558年には、庭園側にも公記録保管所が建てられ、1558年には、改修された住宅の建物の上層階に通じる階段が建てられました。この住宅の建物の前にアーケードの中庭を置くために、古い城の北西部-古い建物構造の60%を削除する必要がありました。1557年に、三面アーチ型アーケード建設から始まりました。新しい翼には、1562年に奉献された城の教会も含まれていました。
中世後期の「城-2」と比較したこの第3の城の重要な変更の1つは、1階分だけ床レベルが大幅に増加したことです。北西の現在のシラー広場に向かって、城の床の高さは約6メートルも上昇しました。反対側の城の南東側には、以前は1階の大きな展示室であったデュルニッツ(Dürnitz)が、20世紀まで巨大なワインセラーに変更され、そのまま使用されていました。地上レベルのこの大幅な増加は、250年前の「城-2」の回転のように、再び洪水から保護するのに役立ちました。しかし、ある意味では、それは前の世紀の洪水の結果であり、今日のカール広場の地域の地上レベルにつながっていた、ネセン川からの水路が通っていた場所でも、繰り返しの洪水のために地表面も数メートル上昇しました。いずれにせよ、古い城は、地上レベルが引き上げられた後でも、堀のある城のままでした。周囲の堀が一杯になり、複合施設の特徴が大きく変わったのは18世紀になってからです。
1931年12月21/22日に、施設の一部が燃え尽き、両タワーを備えたデュルニッツの建物は大部分が破壊されました。建築家のポール・シュミットナー(Paul Schmitthenner・1884–1972)が再建を指揮し、すぐに始まりましたが、完成する前に、第二次世界大戦で城はひどく破損しました。ヴュルテンベルク州立博物館の民間伝承コレクションの大部分も炎の犠牲になりました。1960年代半ばに始まって1971年まで続いた再建は、再びポール・シュミットナーが率いました。
シラー広場から見た旧宮殿・wikipedia-photo、マルクトハレからの古い城の眺め・wikipedia-photo、シャーロット広場(Charlottenplatz)から見た旧城・wikipedia-photo、1557年の旧宮殿アーケード・wikipedia-photoヴュルテンベルク公エーバーハルト1世(在位:1495年 – 1496年)騎馬像・wikipedia-photo、中庭を出て新宮殿と宮殿広場に向かいます・wikipedia-photo、古い城の城教会内部・wikipedia-photo]

Old Castle – Google Map 画像リンク」「Stauffenberg-Erinnerungsstätte – Google Map 画像リンク

カメラ位置はシラー広場で、カメラ南南東方向が旧宮殿(州立歴史博物館)です。

宮殿広場から見た旧宮殿(州立歴史博物館)

カメラ位置はカール広場で、カメラ初期設定方向が旧宮殿(州立歴史博物館)です。

旧宮殿(州立歴史博物館)中庭のカメラです。カメラ初期設定方向開口部が宮殿広場方向で、左方向開口部がシラー広場にでます。

ヴュルテンベルク公エーバーハルト1世騎馬像前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*