聖ディオニス教会

マーカーは聖ディオニス教会です。

聖ディオニス教会(Stadtkirche St. Dionys (Esslingen am Neckar))
[エスリンゲン(Esslingen am Neckar)の聖ディオニュス教会はゴシック時代の教会です。教会はエスリンゲン・マルクト広場の南側にあり、セントポールのカトリック大聖堂とエスリンゲンの街並みを形成する複合建築物を形成しています。
最初の教会の建物である聖ヴィタリス教会は、現在の町の教会の敷地に700年前後に建てられました。墓地があるこの単一身廊のホール教会は長さ18メートルで、正方形の身廊と引き込まれた長方形のクワイヤがありました。764年頃、クワイヤに遺物の墓が設置され、同時にクワイヤは障壁によって分離されました。発掘中、身廊の内部には男性の墓15個と子供の墓2個を含む17個の埋葬地が見つかりました。
エスリンゲンの2番目のヴィタリス教会は、9世紀後半に建てられました。最初の建物よりも広くはありませんでしたが、40メートルとかなり長く、広々としたホールクリプトがありました。シュヴァーベン地方で当時最大の石造りの教会でした。教会は12世紀の終わりまで何度か拡張され、再建されました。
13世紀の半ば頃、2番目のヴィタリス教会の身廊が取り壊されました。現在建てられた新しい高ゴシック様式の身廊には、最初は5つのベイがありました。教会は、2つの大きな側面ポータル間を走る南北軸によって分割されました。 当時、これらのポータルは身廊の中央にありました。建物は1263年に屋根の構造を受け取りました。13世紀の終わり頃に計画されていた、正方形の計画を持つ西の塔は、初期の建設段階で放棄されました。
1297年、多角形のクワイヤは現在も存在するクワイヤに置き換えられました。幅は1.13メートル、長さ7.7メートルです。この高いクワイヤの建設は、教会内の建築軸の歪さが明確に見えるだけでなく、塔の高さを調整しなければならなかったことも意味しました。最初に、北の塔が嵩上げされ、現在の59メートルの高さに達しました。1320年頃、高さ55.5メートルのサウスタワーの追加が完了しました。塔を嵩上げすると、基礎と下階が過負荷になり、教会の建物が危険にさらされました。
1300年頃、身廊は西に拡張されました。それは、教会壁の移転と敷地の平準化から始まりました。1313年に身廊には7つのベイがあり、以前よりも13.5メートル長くなりました。
14世紀半ばには、南側と北側のクワイヤが新しいクワイヤの側礼拝堂に置き換えられました。これら2つの礼拝堂の北側は保存されています。時には、エスリンゲンの貴族家族サックスの埋葬地としての役割を果たしたため、サックス礼拝堂とも呼ばれていました。
1352年にクワイヤの屋根工事も完了しました。教会の長さは70メートル、幅は24メートルになりました。1450年頃、南クワイヤの礼拝堂は、現​​在も存在する2階建ての聖具室に置き換えられました。1682年に北ギャラリーへの入り口が設立され、1900年に再び撤去されました。
城から見た聖ディオニス教会・wikipedia-photo、南からの聖ディオニス・wikipedia-photo、塔・wikipedia-photo、西ポータル・wikipedia-photo、北側の入り口上に彫られたつる植物・wikipedia-photo、ルードスクリーン(内陣仕切り)とクワイヤを望む身廊の内部ビュー・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo]

Stadtkirche St. Dionys – Google Map 画像リンク

聖ディオニス教会南ファサードのカメラです。

聖ディオニス教会身廊のカメラです。

聖ディオニス教会クワイヤ前のカメラです。

聖ディオニス教会クアイヤのカメラです。

聖ディオニス教会祭壇前のカメラです。