聖レオンハルト教会

マーカーは聖レオンハルト教会です。

聖レオンハルト教会(Leonhardskirche (Stuttgart))
[シュトゥットガルトのレオンハルト教会は、シュトゥットガルトの旧市街で2番目に古い教会の基盤であり、今日では、バーデン=ヴュルテンベルク州福音派教会のシュトゥットガルト地区内にある福音主義のレオンハルト教会コミュニティの中心です。
1337年、聖レオンハルトに捧げられた小さな礼拝堂が、現在の教会の敷地に、当時のエスリンゲン門の約500メートル前の野原に建てられました。この建物は、おそらく当初、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の巡礼者の駅として機能していました。14世紀の終わりから、郊外はエスリンゲン門の外側に発展し、門または礼拝堂を中心として開発され、エスリンガー(Esslinger)またはレオンハルツヴォルシュタット(Leonhardsvorstadt)と呼ばれました。1408年以前、最初の建物は、クワイヤと塔を備えた単一身廊の教会に置き換えられました。シュティフト教会の墓地の放棄により、レオンハルト教会は1430年にシュトゥットガルト市民の墓地になりました。教会の重要性は高まり続けましたが、1806年までは従属教会でした。
すでに1463年に教会の拡張が必要でした。これは1466年まで、シュティフト教会の主任建築家であるAberlinJörgによって行われました。この建設後、レオンハルト教会は、ゴシック様式の後期の3身廊のホール教会(ハレンキルヘ)であり、わずかに引っ込められたクワイヤと側面の塔を備えていました。この形式で、建物は第二次世界大戦までほとんど変化しませんでした。1944年のシュツットガルトの破壊的な爆撃の後、ひどく損傷した教会は、1948年から1954年の間にルドルフ・レンプ(Rudolf Lempp)によって簡単に再建されました。
レオンハルト教会・wikipedia-photo、メインストリートからの眺め・wikipedia-photo、ハンス・セイファー(Hans Seyfer)作のキリストの磔刑のコピー・wikipedia-photo、教会内西の壁・wikipedia-photo、身廊からクワイヤを見る・wikipedia-photo、アーケードのあるクワイヤ・wikipedia-photo、アーケードとギャラリーのある左通路・wikipedia-photo、説教壇・wikipedia-photo]

Leonhardskirche – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖レオンハルト教会です。

カメラ西方向が聖レオンハルト教会で、アプス右にハンス・セイファー(Hans Seyfer)作のキリストの磔刑のコピーがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*