ダイアログ・イン・ザ・ダーク

マーカーはダイアログ・イン・ザ・ダークです。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
[ダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)とは、日常生活のさまざまな内容をまっくらな空間で、聴覚や触覚など視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップ。「DID」と略称されている。参加者は8人以下のグループを組み、完全に光が遮断された真っ暗闇のなかに入る。視覚障碍者のアテンドスタッフのサポートのもと、暗闇の世界を探検し、音、匂い、味、温度、感触を真っ暗闇の中で体験してみる。小川のせせらぎを聞いたり、森の中を歩いたり、バーでドリンクを飲んだり、通常1時間半のツアーになる。視覚が使えないことで、視覚以外の五感が研ぎ澄まされるのを感じる。また、外見や肩書きにとらわれない、ヒューマンであたたかいコミュニケーションの可能性を見出せるプログラムになっている。お互いの体験・感じていることを交換して、人と人との新しい関係も構築することが出来ることが特徴である。1989年ドイツのアンドレアス・ハイネッケ博士が発案する。  (wikipedia・ダイアログ・イン・ザ・ダークより)]

カメラ南西方向がダイアログ・イン・ザ・ダークです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*