ハンブルク中央(U)(S)駅

マーカーはハンブルク中央(U)(S)駅です。

ハンブルク中央駅
[ハンブルク中央駅 (Hamburg Hauptbahnhof) は、ドイツハンブルクの中心となる駅。一日の平均利用者数は約45万人。近隣のアルトナに車庫があるため、ハンブルク中央駅でなくハンブルク=アルトナ駅を始発駅(終着駅)とする路線が多い。1900年に駅舎デザインが公募で決定されて駅舎の建設が始められ、1906年に開業した。第二次世界大戦で激しい損傷を受けたが、戦後に復興された。地下鉄(U-Bahn)Sバーン(S-Bahn)、遠距離列車ともに停車する。地下鉄のみ地下に駅がある。ICEの停車駅で、ライプツィヒ(3時間半)、フランクフルト・アム・マイン(4時間)、ドレスデン(4時間半)、シュトゥットガルト(5時間半)、ミュンヘン(6時間)などと結ばれている。始発はハンブルク・アルトナ駅であることが多い。国際列車(一部は寝台列車)も発着しており、チェコプラハ(7時間)、オーストリアウィーン(12時間)、ハンガリーブダペスト(14時間)、ポーランドクラクフ(12時間半)、スイスチューリッヒ(7時間半)、クール(12時間)などと結ばれている。北欧方面とも、デンマークオーフス(5時間)、コペンハーゲン(4時間半)などと結ばれている。IATA空港コード「ZMB」が割り振られている。
駅外観・wikipedia-photo、ホーム・wikipedia-photo、3号線停車中のS-Bahn S1・wikipedia-photo  (wikipedia・ハンブルク中央駅より)]

ハンブルグの鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】‎ 」

ハンブルク中央駅 – フォートラベル

カメラ東北東方向がハンブルク中央駅です。

カメラ西南西方向がハンブルク中央駅です。

ハンブルク中央駅2階コンコースから見たプラットホームのカメラです。

ハンブルク中央駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*