ハンブルク美術館

マーカーはハンブルク美術館です。

ハンブルク美術館(Hamburger Kunsthalle)
[街の中心に、それぞれ1869年、1919年、1997年建設の3つの建物が相互に入り組んでいて、美術館の外観を角の多い刺激的なものにし、この宝庫の中の貴重な物を繰り返し新たに発見するというチャンスを与えてくれます。2万平方メートルの展示スペースを持つハンブルク美術館は、ドイツの美術館の中で最大級の美術館と言われています。ゴシック様式から現代までの絵画、19世紀と20世紀の彫刻、デッサン画、版画、水彩画、古代のコイン、ルネサンスから今日までのメダルなど。ヨーロッパ美術のすべての分野がここに蒐集されています。特に素晴らしいのは19世紀のドイツの絵画です。特にマレーとフォイヤーバッハ、ベックリンの傑作を所蔵しています。絵画やデッサン、版画などの鑑定の説明アワーは美術館の活動の一つです。祭日以外の毎週月曜日休館。  (「ハンブルク美術館 」より)]

Kunsthalle Hamburg (ハンブルク美術館)-1 – Visual標本箱

ハンブルク美術館 – Google Map 画像リンク」「Kunsthalle 2 – Google Map 画像リンク」「Galerie der Gegenwart – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がハンブルク美術館(1869年からの財団の建物)で、手前がオールドアートギャラリその向こうが1919年からの増設部分、カメラ北方向が1997年建築の現代美術ギャラリーです。

カメラ南東方向がハンブルク美術館(オールドアートギャラリ)で、北西方向が1997年建築の現代美術ギャラリーです。オールドアートギャラリの反対面が1919年からの増設入口になります。

ハンブルク美術館オールドアートギャラリ階段室のカメラです。

カメラ北北西方向が1919年からの増設エリアのエントランスです。

1919年からの増設エントランスホールのカメラです。

カメラ北北西方向、ベルトラム・フォン・ミンデン(Bertram von Minden)作『聖ピーター教会の祭壇リテーブル』(14世紀後半)、カメラ東北東方向、同じ作『グラボーの祭壇画(Grabow Altarpiece)』(1379-1383)

カメラ北方向、マイスター・フランケ(Meister Francke)作『聖母礼拝』、カメラ南方向、同じ作『悲しみの人(The Man of Sorrows)』(1435年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*