ハーゲンベック動物園

マーカーはハーゲンベック動物園です。

ハーゲンベック動物園
[1907年、動物商であったドイツのカール・ハーゲンベックがハンブルクに動物を野生のままに展示するような動物園を作った。檻の中に閉じ込めるのではなく、野生の生態のままに観察できるやり方を「ハーゲンベック方式」(無柵放養式展示とも)という。ハーゲンベックが作った動物園がドイツ語でZoologischer Gartenと言ったことから、動物園で英語の正式表記にZoological Parkを採用しているところもいくつかある。  (wikipedia・動物園より)]

[1907年カール・ハーゲンベック(1844年-1913年)は彼の夢をかなえ、ハンブルクに彼の動物パークを開園しました。動物と公園と芸術が一つにまとまっていて、素晴らしい体験ができます。この長い伝統を持つハーゲンベック動物パークは、今日、ヨーロッパの動物園の中でも非常に重要な動物園と言われています。文化財保護指定を受けているカール・ハーゲンベックの世界的に有名なパノラマと放し飼いの施設は20世紀から現在までの動物園建築に大きな影響を与えています。25ヘクタールの敷地に世界中からやって来た360種、2,500頭の動物が、ゆったりとした野外の、自然の生育条件で暮らしています。オラウータン、アジア象、南アメリカのオオカワウソ、彼らはみんなここに自分の避難所を見つけています。キリンに餌をやったり、ラクダの赤ちゃんや自由に飛んでいるアーラインコやペリカンを見ることができます。もっとも大きなハイライトの一つは、象の放し飼い施設です。2007年には7,000平方メートルの大きな体験水族館がオープンし、31,000リットルの淡水槽と2000万リットルの塩水槽に,約13,000匹のエキゾチックな生き物がいます。その中にはサメ、ウツボ、ナイル鰐、アナコンダ、コウモリ、洞窟魚、またサソリなどもいます。年中無休。  (「ハーゲンベック動物パーク 」より)]

カメラ北北西方向がハーゲンベック動物園の入場ゲートです。

ハーゲンベック動物園内のストリートビューです。

象・野外エリアのカメラです。

象舎内のカメラです。

ハーゲンベック動物園日本庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*