ビスマルク記念碑

マーカーはビスマルク記念碑です。

ビスマルク記念碑
[オットー・エードゥアルト・レーオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(独: Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 – 1898年7月30日)は、プロイセン王国の首相(在任1862年 – 1890年)、ドイツ帝国初代帝国宰相(1871年 – 1890年)。プロイセン王ヴィルヘルム1世の右腕としてドイツ統一を目指して鉄血政策を推進し、普墺戦争普仏戦争を主導してこれに勝利。1871年にヴィルヘルム1世をドイツ皇帝として戴冠させ、ドイツ統一の立役者となる。君主主義の保守的な政治家、優れた外交官でもあり、統一後も引き続きドイツを牽引した。  (wikipedia・オットー・フォン・ビスマルクより)]

ビスマルク記念碑前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*