ビートルズ-プラッツ

マーカーはビートルズ-プラッツです。

ビートルズ-プラッツ
[ビートルズは、改名当初ジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンスチュアート・サトクリフの4名で編成していた。1960年8月、アラン・ウィリアムスを通じてドイツ(当時は西ドイツ)のハンブルクでの仕事が入ったが、5人編成のバンドを希望してきたため、新たにドラマーが必要となる。この時、シルヴァー・ビートルズが出演していたカスバ・クラブの経営者の息子ピート・ベストがドラムスをやっていたので、メンバーとして誘い入れる。この編成で最初のハンブルク巡業に向かい「インドラ」というクラブで毎日6~8時間の演奏を行う。当初はおとなしい演奏に終始したため評判が悪かったが、マネージャーのアドバイスもあってショー・アップを心がけ、また長時間のステージで演奏も上達した事により、次第に人気を獲得していった。1か月後「カイザーケラー」に移動。「デリー&ザ・シニアーズ」や、リンゴ・スターがドラムスを務める「ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ」と交代で出演する事になり、この時にリンゴと知己が生まれる。またこの頃、ピートがステージを休むことが数回あったため、リンゴが代役としてビートルズでドラムスを叩く機会があった。さらに、この頃アストリットが友人とともに客として店に来るようになり、程なくサトクリフと恋仲となる。写真家を目指していたアストリットによって、この頃のビートルズの写真が撮影され、それが後にザ・ビートルズ・アンソロジーなどビートルズに関する文献に収録された。ハンブルクでクラブ演奏を始めて3か月後、カイザーケラーより格上のクラブ「トップテン」からの出演依頼が来たのと時期を同じくして、ジョージが満17歳で就労年齢制限に抵触している事が発覚して強制送還となり、さらに宿舎にしていた映画館の出火がきっかけとなってポールとピートも強制送還となり、残されたジョンも自力で帰国。サトクリフだけはアストリットの援助によりしばらくハンブルクに滞在した。1961年1月、ハンブルクでの失敗でバンド活動を停止していたが、その後アラン・ウィリアムスからクラブDJのボブ・ウーラーに紹介され、オーディションの上でキャヴァーン・クラブにレギュラー出演するようになる。またキャヴァーンへのメンバーと楽器を搬送するローディー役としてニール・アスピノールが雇われた。同年4月、2度目のハンブルク巡業を開始。前回で出演依頼があったトップテンで演奏するようになる。  (wikipedia・ビートルズより)]

カメラ位置はビートルズ-プラッツで、カメラ西方向にビートルズのモニュメントがあります。

カメラ位置はビートルズ-プラッツで、カメラ南南西方向にビートルズのモニュメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*