メンケベルク通り(Monckeberg str.)

マーカーはメンケベルク通り/シュピターラー通り合流点です。

メンケベルク通り(Monckeberg str.)
[ハンブルク ─ 市街地いっぱいに “クリスマスの国” が。堂々たる歴史的市庁舎の前の、非常に美しい広場 ─ 市庁舎広場 ─ には、サーカス・ロンカリがデザインした、スイーツやおもちゃ、美術工芸品などの屋台が並びます。そして、華やかで広々としたスペースに150軒の屋台が並ぶ、メンケベルク通りのハンブルク・クリスマスマーケットも、多くの人々を惹き付けます。一方で “サンタ・パウリ ─ 歓楽街のクリスマス” は、おそらくは最も個性的なクリスマスマーケットといえるでしょう。ここでは、保守的なクリスマスの伝統と歓楽街の猥雑がひとつに溶け合っているのです。「ユングフェルンシュティークのホワイト・マジック」は、クリスマスをテーマにした独創的な光の芸術で、訪問者たちを魅了します。フィナーレを飾るのは、大晦日深夜 (2時) の大規模な花火大会です。静かで落ち着いた場所がお望みなら、聖ペトリ教会傍やミヒェル ─ ハンブルクのシンボルである聖ミヒャエル教会 ─ 周囲のクリスマスマーケットがおすすめです。ゲンゼマルクトでは、世界各地のバンドによる国際色豊かな音楽や様々なクリスマス・グルメを堪能できます。港湾都市ならではの、海の香りが感じられる場所としては、ユーバーゼー地区のハーフェンシティ・クリスマスマーケットがまず挙げられますし、「グー・ユール ─ 港の北欧クリスマス」ではスカンジナビア半島の名物グルメを味わえます。そして、海の香りという点では、フレートインゼルのクリスマスマーケットも同様です。それぞれ独自のプログラムが組まれた、子供向けのメルヘン船が湖上に浮かぶと、内アルスター湖に “メルヘン・シーズン” が到来します。そして、クリスマスのハンブルクのハイライトとなるのがクリスマスパレードで、サンタクロースやトナカイ、エルフ (ゲルマン神話の小妖精) などが、彩り鮮やかな光を放ちながら、賑やかに練り歩きます。  (「ハンブルクのクリスマスマーケット – Germany Travel」より)]

[ハンブルク中央(U)(S)駅(Hamburg Hauptbahnhof)から観光スタートです。まずはハンブルク市庁舎を目指すことに。中央駅前の大通りを渡り、歩行者天国のシュピターラー通り(Spitalerstrasse)を通って市庁舎へ向かいます。歩行者天国のシュピターラー通りを進むとゲアハルト・ハウプトマン広場に行き当たり、ここでメンケベルク通り(Monckeberg str.)と合流します。二つの通りはショッピングストリートなので、ウィンドウショッピングしながら歩くと楽しいです。  (「[ドイツ] ハンブルク(1)-Hamburg – 旅行のクチコミサイト フォートラベル」より)]

[シュピターラー通り(Spitalerstrasse)の終わりにメンケベルク通り(Mönckebergstrasse)が続き、ハンブルグでは<Mö>と呼ばれているショッピング街です。カウフホーフ(Kaufhof)の百貨店、サターン(Saturn)などの家電スーパー、有名靴店、C&Aなどの呉服スーパーなどがひしめきいます。カールシュッタト(Karstadt)の屋上ではアイススケート場もあります。映画街もあり、娯楽も楽しめます。又、古い教会 ・聖ペトリ教会(St. Petri)やガラス張りの放送局・ラジオ ハンブルグ(Radio Hamburg)などの見所もあります。カウフホーフ(Kaufhof)とC&Aの間にはレバンテ・ハウス(Levantehaus)という2階建てのアーケードがあり、高級店などがぎっしり入っています。傍にはパーク・ハイアット・ホテル(Park Hyatt Hotel・ブーゲンハーゲン通りに面する)があり、そこのケーキ店Apples restaurant & Barは有名です。  (「ドイツ生活情報満載 – ショッピングセンター」より)]

カメラ東・西方向がメンケベルク通り(Monckeberg str.)で、カメラ南東方向がサターン(Saturn)です。また、カメラ南南西方向角がカウフホーフ(Kaufhof)で、カメラ北北東方向がカールシュッタト(Karstadt)です。

カメラ東方向が市庁舎で庁舎前広場がメンケベルク通り(Monckeberg str.)終点です。また、カメラ南東方向が聖ペトリ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*