倉庫街博物館

マーカーは倉庫街博物館です。

倉庫街博物館
[100年前の古い倉庫の雰囲気をそのままに残し、倉庫街博物館はクヴァルティアマン(ハンブルク特有の仕事で、倉庫やその中の物品の管理をする人や会社)の作業の日常を伝えようとしています。ハンブルクの伝統の一部をかつての状態で展示し、コーヒーや紅茶、カカオ、ナッツ類、香料が店頭に並ぶまでの過程について紹介しています。クヴァルティアマンの会社と倉庫街の貿易会社の仕事を説明する典型的な器具や商品見本を展示しています。女性の職場のテーマでは、女性がコーヒー豆を分類している様子を伝えています。はしけ舟を使って品物を貨物船から掘割を通って倉庫へ運ぶ小帆船の船頭の仕事が今もまだあることはあまり知られていません。歴史的な写真が、このユニークな倉庫街の建てられた歴史を物語ってくれます。毎週月曜日休館。  (「倉庫街博物館」より)]

カメラ北西方向が倉庫街博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*