旧商工組合福祉住宅

マーカーは旧商工組合福祉住宅です。

旧商工組合福祉住宅
[狭い路地の両側に17世紀頃のハンブルクの典型的は住宅様式がそのままに保存されている。なんと商工組合の未亡人のため に建設されたものだというから驚き。そのうちの一つが小さな博物館 (KRAMER‐WITWEN WOHNUNG)となっていて当時の人々の暮らしぶりを垣間見 ることができる。  (「ハンブルク観光局 – 見どころ」より)]

隠れ家のような観光名所 旧商工組合福祉住宅 – ドイツ生活情報満載 …」、「『「未亡人の家」を理解するのはむずかしい』ハンブルク(ドイツ)の旅行記 …

カメラ南南東方向が旧商工組合福祉住宅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*