旧商工組合福祉住宅

マーカーは旧商工組合福祉住宅です。

旧商工組合福祉住宅(Krameramtsstuben)
[狭い路地の両側に17世紀頃のハンブルクの典型的は住宅様式がそのままに保存されている。なんと商工組合の未亡人のため に建設されたものだというから驚き。そのうちの一つが小さな博物館 (KRAMER‐WITWEN WOHNUNG)となっていて当時の人々の暮らしぶりを垣間見 ることができる。  (「ハンブルク観光局 – 見どころ」より)]

[ハンブルクの旧商工組合福祉住宅(Krameramtsstuben)は、ノイシュタット(Hamburg-Neustadt)の聖ミヒャエル教会の南東Krayenkamp 10/11にある地域で最も古い住宅です。1620年から1700年頃に建てられた木骨造りの家で、かつてクラメラート(Krameramt・ギルドのような小さな商人の組合)によって組合員の未亡人のアパートとして使用されていた、17世紀の中庭のある建物です。
旧市街と新市街で形成されているゲンゲヴィーテル(Gängeviertel)にあり。狭い通路に沿って両側に建てられたアパートで供用使用される中庭のある家屋で、現在、小さな店、ギャラリー、レストランが入居し、博物館として保存された部屋があります。
当時、新開発が始まったノイシュタットは、拡張されたハンブルク城壁の都市要塞に含まれていました。現在中庭の家で発見された天井画は、これらの家の中流階級のユーザーを示唆しています。
1676年、裕福なクラメラート事務所は、組合が既存の家を取得した場所に、亡くなったメンバーの20人の未亡人のための無料の住宅を建設しました。クラメラートは、ギルドのような小売業者(クラマーは後に植民地商人のディーラーでもありました)の組合であり、ハンブルグに店を構えていました。1375年(おそらく設立はより古い)には、スパイス、絹、鉄のトレーダーを含むこの組合にも独自の法律がありました。オフィスのサインには、上階の壁に埋め込まれた石をスケール(Waage (Symbol))の表現とともに示しています。ANNO 1676で始まる古い石膏版には故人の組合員と未亡人である所有者の名前に関する情報が記載されています。また、そこに記載されているアパート改修の日付は1867年と1927年です。
それぞれがクラメラートの未亡人のアパートを備えた2つの列の建設は、福祉の社会的な観点からだけではありませんでした。同時に、女性がこれらのビジネスを単独で実行することは許可されていなかったため、新しいディーラーを再び許可するために、未亡人または無能力な兄弟を店から移動させることもクラメラートの利益でした。 家賃のないアパートに加えて、未亡人は燃料と少ない年金も受け取りました。
当時の片持ち梁設計によりスペースが増えた各列の5つの家には、地上と最上階に2つのアパートがあり、部屋、廊下、調理エリアがありました。
門が中庭に通じる家は1700年頃に建てられました。それはクラメラート未亡人のアパートではなく、住宅として貸し出されました。
1865年2月1日、貿易の自由(Gewerbefreiheit)に関する1864年11月7日のハンブルグ法が施行され、ハンブルクにまだ存在していた40以上の事務所は解散し、1866年にハンブルク市がクラメラートのアパートを引き継ぎました。それ以降、アパートには年配の独身女性が住んでいました。
1933年には歴史的記念碑(Denkmalschutz)としてリストされました。
第二次世界大戦の爆撃では、クラメラートのアパートを大きな被害なしで生き延びました。
さまざまな改修にもかかわらず、衛生衛生の欠如と構造的条件により、高齢者のアパートとしてそれらを使用することは徐々に不可能になりました。1968年には、徹底的な改修が必要であると考えられました。1972年以降、徹底的な改修が行われました。1974年6月に、文化センターとしての賃貸住宅の開設と、旧市街の改修が成功した例として完成しました。
聖ミヒャエル教会からの眺め・wikipedia-photo、旧商工組合福祉住宅中庭・wikipedia-photo、旧商工組合福祉住宅の説明・wikipedia-photo、未亡人のアパートの上階:リビングルームと床の間のある寝室・wikipedia-photo]

隠れ家のような観光名所 旧商工組合福祉住宅 – ドイツ生活情報満載 …」、「『「未亡人の家」を理解するのはむずかしい』ハンブルク(ドイツ)の旅行記 …

Krameramtswohnungen – Google Map 画像リンク」「Krameramtsstuben – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が旧商工組合福祉住宅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*