美術工芸博物館

マーカーは美術工芸博物館です。

美術工芸博物館(Museum für Kunst und Gewerbe Hamburg)
[1877年に開館されたこの博物館は、芸術、手工芸、デザインの分野をリードしています。目立つ黄色の建物内では、応用美術、造形美術、グラフィック・デザインのコレクション、写真の歴史を紹介しています。展示品には古典から現代までヨーロッパ中近東アジアからの一流の作品が揃っています。1950年築のシューマン翼棟では、昔の貴重な鍵盤楽器、手工芸品、デザインのコレクションを見る事ができます。毎週月曜日、5月1日、12月24日休館。バリアフリー。ガイドを行っています。  (「美術工芸博物館 」より)]

「博物館は1874年に設立され、1877年に現在の建物、1873〜75年に建てられたシュタイントールプラッツの建物に移りました。マックス・ザウアーラント(Max Sauerlandt)の指揮の下、1919年から1933年にかけて、博物館は表現主義の作品の大規模なコレクションを取得しました。1933年以降、「退廃芸術」に反対するナチスのキャンペーンは、ザウアーラントの強制退去と同様に、多くの現代作品の損失をもたらしました。建物は第二次世界大戦中の1943年に爆弾により部分的に破壊されました。再構築は1959年に完了しました。ハロルド・A・ハルトグ(Harold A. Hartog)によって、2006年に完成できる中心軸の再設計が寄付されました。
美術工芸博物館平面図

美術工芸博物館西側ファサード・wikipedia-photo、南西方向からの鳥瞰・wikipedia-photo、正面玄関・wikipedia-photo、玄関ホール・wikipedia-photo、南中庭の見える部屋・wikipedia-photo、北中庭・wikipedia-photo、Taskinチェンバロ、1788年・wikipedia-photo、陶器コレクション・wikipedia-photo、・wikipedia-photowikipedia-photo]

ハンブルク美術工芸博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はハンブルク中央(U)(S)駅プラットホームで、カメラ北東方向が美術工芸博物館です。

カメラ位置はSteintorpl.通りで、カメラ南南西方向が美術工芸博物館です。

美術工芸博物館展示ルームのカメラです。

美術工芸博物館演奏ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*