聖ニコラス教会(跡)

マーカーは聖ニコラス教会(跡)です。

聖ニコラス教会(跡)(St. Nikolai, Hamburg)
[聖ニコライ教会は聖ニコラウスから名をとった教会である。聖ニコラウスはサンタクロースのもととなったことで知られるが,船乗りと商人の守護聖人でもある。そのため,海運の盛んなオランダベルギーフランドル地方,北ドイツの港町では,聖ニコラウスの名を冠する教会がよくみられる。ハンブルクでは,商工業が著しく発展した12世紀,多くの商人手工業者の居住地として生まれ新市街に,聖ニコライ教会は建てられた。神聖ローマ皇帝フリードリヒ・バルバロッサの特許状によりハンブルク港が開港したとされるのも,この世紀である。
もともとは北ドイツ特有のレンガ造りゴシック様式の教会だったが,1842年の大火事ののち,当時の流行であったネオ・ゴシック建築に建て直された。147.3mの尖塔は,完成当初は世界一の高さの建造物であった。今でも教会建築のなかではドイツで3番目,世界で5番目の高さを誇っている。しかし第二次世界大戦時,その高さのため空爆の標的とされ,著しい損傷を被った。破損の程度から修復の可能性はあったが,聖ミヒャエル教会が戦後すぐに建て直されたのに対して,聖ニコライ教会は廃墟のまま残された。廃墟のまま残された聖ニコライ教会は,現在では広島原爆ドームのように,戦争の悲惨さを後世に伝える役割を担っている。地下の展示室では,第二次世界大戦の際に爆撃された当時の街の写真などを見ることができる。(展示室料金:2ユーロ)   (「聖ニコライ教会(跡) St.Nikolai Kirche」より)]

[聖ニコラス教会の塔は、ハンブルクでの大規模な空襲中の連合国空軍のパイロットの目標と方向マーカーとして機能しました。1943年7月28日、教会は空爆(Bombing of Hamburg in World War II)によって大きな被害を受けました。屋根が崩壊し、身廊の内部が大きな被害を受けました。 壁は割れ目を見せ始めましたが、それらも塔も崩壊しませんでした。
戦後、ゴシック様式の教会の基本構造はほぼそのままであり、再建は現実的な選択肢でした。それにもかかわらず、塔を手付かずのままにして身廊を破壊することが決定されました。教会の近くはもはや住宅地ではなかったため、ハーヴェストデュード地区(Harvestehude)に新しい聖ニコラス教会が建設されました。1951年、ついに身廊は取り壊され、瓦はエルベ川の川岸の補強に部分的に使用されました。貴重なゴシック様式のリバイバル建築物の喪失は多くの人に後悔されましたが、戦後、再建に関する限り他の優先事項がありました。聖ミヒャエル教会と比較して、聖ニコラス教会はハンブルクの最も重要なランドマークの1つとは見なされていませんでした。
塔と壁のいくつかの遺跡は、その後戦争に対する記念碑として保存されています。数十年間、教会は手当をされず、その結果、崩壊していきました。1987年、レスキューセントニコラス教会財団(The Rettet die Nikolaikirche e.V.)は、建物の既存の建物の構造を復元し始め、地下室にいわゆる「出会いの場所」(イベントや展示の部屋)を建設しました。
財団は、2000年11月にエルベ川から引き出された破壊された身廊の破片など、1951年に除去された瓦の破片を回収しようとしています。ドレスデン聖母教会で行われた教会のような再建は意図されていませんでした。 しかし、1993年に記念として51ベルのカリヨンが設置されました。
聖ニコラス教会の現在の状況は、第二次世界大戦でのハンブルクの爆撃、1951年の破滅的な壁と瓦礫の除去、1990年代と2012年の塔の修復作業の結果です。レスキューセントニコラス教会財団はハンブルク市、ハウプト教会の会衆、さまざまな企業スポンサーおよび個人の貢献者によって支えられ、塔をさらに復元し、その記念の役割を改善するために働いています。組織は、建物の既存の構造の維持、修復、教会でのイベントや展示の手配、教会の地下室にある情報センターの運営を担当しています。
2005年9月1日以来、エレベーターはタワー内の高さ75.3メートル(247フィート)のプラットフォームに訪問者を移動し、歴史的パネルのハンブルク、特に近くのシュパイヒャーシュタット(照明のある「倉庫の街」)のパノラマビューの眺望に誘います。
聖ニコラス教会(跡)・wikipedia-photo、「右:ネオゴシック様式の教会。左:生き残った尖塔。」・wikipedia-photo、Prüfung-南通路の彫刻・wikipedia-photo]

聖ニコライ教会 – Google Map 画像リンク」「St. Nikolai Museum – Google Map 画像リンク

聖ニコラス教会(跡)東エントランスのカメラです。

カメラ位置は聖ニコラス教会(跡)身廊付近です。

カメラ位置は聖ニコラス教会(跡)後陣付近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*