聖ペトリ教会

マーカーは聖ペトリ教会です。

聖ペトリ教会(St._Peter’s Church, Hamburg)
[いつも多くの買い物客で賑わうメンケベルク通り沿いに聖ペトリ教会はある。市庁舎は目と鼻の先,まさにハンブルクの中心地に位置するこの教会がマルクト教会として初めて文書に言及されたのは1195年。ハンブルク港が開港※して間もない頃だった。教会の創建はそれよりもさらに古く11世紀前半と推定されている。中世には,この教会の周辺にハンブルクの名前の由来であるハンマブルク(Hammaburg・820年代,異民族の襲撃に備えて築かれた城砦)や,11世紀に築かれたBischofsturm(Bischof=司教,Turm=塔)が存在していたとされる。聖ペトリ教会の周辺は,自由ハンザ都市ハンブルクの歴史が始まった場所なのである。
(※1189年,皇帝フリードリヒ赤髭王からの商業特権の獲得によりハンブルク港が開港したとされる)
教会の入り口では,ブロンズ製のライオンのドアノッカー(扉の左側)が迎えてくれる。これは1342年のもので,ハンブルクが保存する最古の芸術品であるという。ペトリ教会は第二次世界大戦での被害が少なかったため,このドアノッカーのほかに教会内では1470年製作のマリア像など,歴史的価値の高い多くの品を見ることができる。
聖ペトリ教会は1842年の大火事で大きな損傷を受けたが,ハンブルク生まれの建築家アレクシス・ド・シャトーヌフ(Alexis de Chateauneuf)の設計によって建て替えられた。それによって,聖ペトリ教会はそれまでのレンガ造りゴシック建築のデザインは継承されつつ,当時の流行だったネオ・ゴシック建築に生まれ変わった。ところで彼は1842年の大火事で街の大部分が焼けてしまった後に,ハンブルクの新たな街づくりを行った人物の一人である。市庁舎の脇でひと際目立つ,イタリア風の白いアーチが美しいアルスターアルカーデン(Alsterarkaden)やアルテポスト(Alte Post)も,実はこの人物が設計したのである。  (「聖ペトリ教会 St.Petri Kirche」より)]

[聖ペトリ教会の鐘楼・wikipedia-photo、ブロンズ製のライオンのドアノッカー・wikipedia-photo]

St. Peter’s Church – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖ペトリ教会です。

カメラ北方向が聖ペトリ教会です。

聖ペトリ教会南東方向からのカメラです。

聖ペトリ教会身廊のカメラです。

聖ペトリ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*