聖ヤコビ教会

マーカーは聖ヤコビ教会です。

聖ヤコビ教会
[聖ヤコビ教会はオルガン製作者やオルガン奏者にとっての巡礼地といわれるほど,世界的に有名なパイプオルガンをもつ。60のストップと約4000のパイプをもつ,北ヨーロッパ最大のバロックオルガンである。このオルガンを製作したアルプ・シュニットガーは,17世紀に北ヨーロッパを中心に活躍した北ドイツ出身の著名なオルガン製作者である。第二次世界大戦の際にはオルガンのパイプは取り外され安全な場所で保管されたので,戦後昔のままの姿に復元することできた。かのヨハン・セバスティアン・バッハは聖ヤコビ教会のオルガニスト試験に合格したが,多額の寄付金を要求されたために就任を辞退した。聖ヤコビ教会は聖ヤコブから名をとった教会である。最初の文書での言及は1255年のことである。1260年に市壁が拡大されるまでは市壁の外に位置する町はずれの教会であったが,スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼者が多く立ち寄った。ハンブルクはちょうどリューベックなどからくる北方の巡礼路にあったのである。教会の尖塔内にある人気のタワーカフェでは84mの高さからハンブル市街の眺めと,ケーキとコーヒーを楽しむことができる。このカフェは期間限定で5月~10月の第一土曜日の12時から18時しか開かれていない。  (「聖ヤコビ教会 St. Jacobi Kirche 」より)]

[聖ヤコビ教会の鐘楼・wikipedia-photo、アルプ・シュニットガー製作のパイプオルガン・wikipedia-photo、三位一体の祭壇と主身廊・wikipedia-photo]

カメラ北北西方向が聖 ヤコビ教会です。

聖 ヤコビ教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*