エッシヒハウス

マーカーはエッシヒハウスです。

エッシヒハウス(Essighaus)
[ヴェーザールネサンス時代の建物はブレーメンにも数多く遺っている。たとえば、1612年のブレーメン市庁舎(中核となる建物部分はゴシック建築)や 1538年のシュッティンク、ランゲン通りの1587年建造のシュタットヴァーゲ(市計量所)や1618年のエッシヒハウス(エッシヒハウスは玄関部のみが保存されている)あるいは1620年のアンガリーキルヒホーフのゲヴェルベハウスなどである。
エッシヒハウス玄関・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレーメンヴェーザールネサンスとネオルネサンスより)]

[ブレーメンのランゲン通り(Langenstraße (Bremen))にあるエッシグハウス(エシッヒハウス)は、ヴェーザールネッサンス様式の壮麗な切妻の家でした。第二次世界大戦で1階まで破壊され、1950年代に部分的に再建されました。 1973年以来、建物は保護文化財(Denkmalschutz)です。
エッシヒハウスは、1618年に、エシッヒ(Esich (Familie))家族のために、不詳の建築家によって、街のシュタットヴァーゲ(市計量所)のすぐ近くにある、狭いが壮大な貴族の家として建てられました。家はもともと5階建てで、オーベルンキルヒェン砂岩の彫刻が施された素晴らしいファサードと、スクロール(Rollwerk)で装飾された切妻がありました。
建物がその後商人の手に渡った後、コンラッド・ビューヒナー(Conrad Büchner)は1828年からここでビール醸造所を経営していました。彼の後継者であるハインリッヒ・ラッシュ(Heinrich Rasch)は酢工場を設立しました。そのため、19世紀から「酢の家(エッシヒハウス・Essighaus)」として知られるようになりました。商業用途の変化に伴い、建物は劣化し、取り壊されなければなりませんでした。1893年、ロンドンサウスケンジントン博物館(ヴィクトリア&アルバート博物館)は、少なくともファサードの保存とイギリスでの再建のために購入を申請しました。建築家のアルバート・ダンケル(Albert Dunkel)は、ブレーメン財団からの資金で修復を求め、しばらくの間建物の所有者になりましたが、お金は作業を完了するのに十分ではありませんでした。1897年、ブレーメンのワイン商人であるReidemeister&Ulrichsが入り、125,000マークで酢の家を取得しました。ダンケルは1901年までに建物の改修を完了しました。その部屋にはワインバーAlt-Bremer-Hausがオープンし、その精巧なインテリアデザインで特に有名になりました。1901年、ブレーメンの東アジア協会がこのレストランで設立されました。
1942年9月5日と1944年10月6日の爆撃により、家は1階を除いて完全に破壊されました。1956年の再建中、出窓(地上レベルの出窓)と入口のみが再建され、上層階は完全に再設計され、破風には聖ペトリ大聖堂の中庭からの旧シーザー(Caesarschen)家の切妻が提供されました。
建物は1972年以来、金融機関によって使用されています。1985年以来、ドイツ・ファクタリング銀行(Deutschen Factoring Bank)の所在地となっています。2018年8月、起業家のクリスチャン・ジェイコブス(Christian Jacobs)は、ビネガーハウスの歴史的なルネッサンス様式のファサードの再建を含む、建物の改修計画を発表しました。
1907年頃の酢の家・wikipedia-photo、出窓と旧酢の家の入口・wikipedia-photo
コモンズ:Essighaus- 写真集]

カメラ東北東方向角がエッシヒハウスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*