シュタットヴァーゲ(市計量所)

マーカーはシュタットヴァーゲ(市計量所)です。

シュタットヴァーゲ(市計量所)
[ヴェーザールネサンス時代の建物はブレーメンにも数多く遺っている。たとえば、1612年のブレーメン市庁舎(中核となる建物部分はゴシック建築)や 1538年のシュッティンク、ランゲン通りの1587年建造のシュタットヴァーゲ(市計量所)や1618年のエッシヒハウス(エッシヒハウスは玄関部のみが保存されている)あるいは1620年のアンガリーキルヒホーフのゲヴェルベハウスなどである。
シュタットヴァーゲ・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレーメンヴェーザールネサンスとネオルネサンスより)]

カメラ東南東方向・左側角から4軒目がシュタットヴァーゲ(市計量所)です。

シュタットヴァーゲ(市計量所)前の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*