シュッティンク(ブレーメン商業会議所)

マーカーはシュッティンク(ブレーメン商業会議所)です。

シュッティンク(ブレーメン商業会議所・Schütting (Bremen))
[ブレーメン商業会議所がブレーメン商人の利益を代表している。本部はマルクト広場沿いのシュッティンクと呼ばれる建物にある。
マルクト広場沿いのシュッティング(ブレーメン商業会議所)・wikipedia-photo  (wikipdia・ブレーメン経済と社会資本より)]

[市の歴史は1,200年以上におよび、バロック建築ルネッサンス建築様式のアンサンブルが美しいマルクト広場には市庁舎とローラント像、上品な都市貴族の家並み、ブレーメン商工会議所建て物「シュッティング」があり、ブレーメンの歴史がひしひしと伝わってきます。  (「ブレーメンの音楽隊と頑迷な旧市街:ブレーメン。 | ドイツ観光」より)]

[シュッティンク(Schütting)は、かつて商人のギルドと食料品店であり、1849年以来ブレーメン商工会議所の建物です。
ブレーメンの商人は旧ギルドハウスを取り壊し、1537年から1538年にかけてアントウェルペンの建築家であるヨハン・デン・ブッシェナー(Johann den Buschener)によってより近代的で大きなものを建てました。西側の階段の切妻のみが、ブッシェナー自身によって、後期ゴシック様式とルネサンス様式の境界にスタイル的に作成されました。床の中央にある3つのドアと4つ目のドアは、そこから家のクレーンが吊り下げられており、3つの最上階を倉庫として使用していたことを想起させます。市場への玄関も1538年に完成しました。 まだ真ん中ではなく、左から2番目の窓軸にあり、市場に向かって階段が設置されています。 両側には、地上階の前に低いアーケードがあり、おそらく市場の屋台に使用されていました。1595年以来、市場の前面には7つの棚があり、そのうちの1つが2つのメインフロアの窓の開口部を水平に分割していました。市場に面した各窓上にメダリオン(円形の壁面装飾)がありました。(1641年頃のシュッティンク・wikipedia-photo)
18世紀の、1756年にテオフィラス・ウィルヘルム・フリーズ(Theophilus Wilhelm Freese)によって入り口が中央に移動しました。最初は単純に組み立てられており、同じく階段が1つだけありました。窓の上のメダリオンは消え、窓の各列の下と軒の下の棚のうち3つだけが保存されました。19世紀半ばに、アーケードが改装された小さなお店は撤去されました。 これにより、入口両サイドに階段用のスペースが確保されました。全体として、バロック時代に作成されたシンプルな外観デザインは、商工会議所が商人ギルドの後継者としてより素晴らしさを望んだ19世紀の終わりまで保持されていました。豪華なバロック様式のポータルへの入り口は、マックス・ザルツマン(Max Salzmann)によって設計され、エルンスト・エールハルト(Ernst Ehrhardt)によって建設されました。その前の入り口前のプラットフォームは窓の軸の幅が3に広げられ、それに応じて2つの階段翼が移動されました。(1900年頃のシュッチング・wikipedia-photo、1896年からのポータル・wikipedia-photo)
1944年10月6日、壮大なインテリアと貴重な家具を備えた建物は、周囲の壁まで焼き尽くされました。1956年に再建が完了したとき、外装は市場のドーマー窓のない古い形に復元され、内部は再設計されました。商工会議所は、1951年にシュッティンクの1階で業務を再開することができました。次の5年間で、2階で1階の部屋が再建されました。2009年には、正面と銅の屋根が復元され、ドーマー窓が復元されました。(シュッティンク正面(2011年)の部分・wikipedia-photo)]

Haus Schütting – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ南南東方向がシュッティンク(ブレーメン商業会議所)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*