シュノーア街

マーカーはシュノーア街です。

シュノーア街子サイトへリンク – シュノーア通りシュノーア37(1601)、「カッツェン・カフェ-(Katzen- Café・ねこのカフェ)」への入り口、シュノーア通りの一部、新しい家への道古い家の新しいレストラン(Beck´s in´n Snoor)「コンコードハウス(1630)」20世紀の終わりの新しい家(アンティーク博物館)

シュノーア街
[シュノーア街はブレーメン旧市街の中でも中世風の路地が遺る地区で、おそらく最も古くからの中心街区であったと推測されている地区である。この街区の名前は、船舶関連の手工業に由来している。家々の間の路地は、当時は同じ職業や関連する物品を扱う者が一本の路地に集まって住んでいる場合がしばしばあった。縄や綱を作る者達が集まった街区をシュノーア街(Schnoor は現代ドイツ語の Schnur にあたり、「より糸」を意味する)と称し、その近くにあった針金や鎖を作っていた街区をヴィーレン街(Wieren は現代ドイツ語の Draht にあたる単語で、「針金」を意味する)と呼んだのである。シュノーア街の多くの家屋は17 – 18世紀から保存されているもので、古い時代の暮らしを彷彿とさせる。1856年から1857年にラントヘルアムトが造られたが、1945年9月19日にラントヘル制度は廃止された。
シュノーア街・wikipedia-photo、シュノーア街のラントヘルアムト・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレーメンシュノーア街より)]

[ブレーメン一古い、伝統的なシュノーア地区には15世紀と16世紀の歴史的な建物が密集し、そこにあたかもパールのネックレスのように、ギャラリーをはじめ、美術工芸品やおみやげ物屋などが所狭しと、並んでいます。4月1日から12月31日までは日曜日も11時から16時まで開いているので買い物ができます。  (「観光の国ドイツ – 市 – ブレーメン Bremen – ショッピング」より)]

[古いレストラン”カイザーフリードリッヒ”(1630)・wikipedia-photo、シュノーア街で元の状態で保存されている最も有名な建物の一つで シュターヴェンダム(Stavendamm)にあるSchifferhauswikipedia-photo]

カメラ南方向がシュノーア街で、小路右角に古いレストラン「カイザーフリードリッヒ」があります。

カメラ北北東方向突き当り右から2軒目がシュターヴェンダム(Stavendamm)です。

シュターヴェンダム(Stavendamm)前広場のカメラで、カメラ北北西方向がシュターヴェンダム(Stavendamm)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*