フォッケ博物館

マーカーはフォッケ博物館です。

フォッケ博物館
[フォッケ博物館は、州立ブレーメン・芸術と芸術史博物館です。この博物館は、芸術や芸術史の愛好家に、ブレーメンの歴史を学ぶ素晴らしい機会を与えてくれます。展示分野は、ブレーメンの市の歴史、応用芸術、住の文化、原史、初期史、田舎の暮らし、子供博物館、そしてコレクションの展示などです。航海の分野も注目されています。かつてブレーメンで製造されたボルクヴァルト車を見ることもできます。ここでは多くの発見があるでしょう。毎週月曜日、聖金曜日、5月1日、昇天の祝日休館。  (「観光の国ドイツ – 市 – ブレーメン Bremen – 博物館・美術館」より)]

[ローラント像は街の中心に建つブレーメンの象徴である。ローラント像のオリジナルの頭部はフォッケ博物館(ブレーメン州立芸術文化史博物館)に収蔵されている。第二次世界大戦中に爆撃による破壊を恐れてコピーと取り替えられていた。  (wikipedia・ブレーメンマルクト広場周辺より)]

カメラ北北東方向がフォッケ博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*