ブレーメン市庁舎

マーカーはブレーメン市庁舎です。

ブレーメン市庁舎(Bremer Rathaus)
[ブレーメン市庁舎には、自由ハンザ都市ブレーメン(ブレーメン州)の参事会議長および市長が居る。この庁舎はヨーロッパにおけるブリック・ゴシック建築(Brick Gothic)の最も重要な例証の一つである。旧市庁舎が建てられたのは、1405年から1409年のことだった。1595年から1612年に、建築家リュダー・フォン・ベントハイム(Lüder von Bentheim)が手直しをし、広場を見渡す新しいファサードを作り上げた。ヴェーザー・ルネサンス様式(Weser Renaissance)で建てられたファサードは、ハンス・フレーデマン・デ・フリース(Hans Vredeman de Vries)、ヘンドリク・ホルツィウス(Hendrik Goltzius)、ヤコブ・フロリス(Jacob Floris)といったオランダ・ルネサンスの巨匠たちによって基礎付けられた建築的要素に特徴付けられている。1909年から1913年の間に、ミュンヘンの建築家ガブリエル・フォン・ザイドル(Gabriel von Seidl)によって、建物後部にネオルネサンス様式での追加が行われた。ブレーメン市の60%以上が灰燼と帰した第二次世界大戦中の爆撃では、市民たちは市庁舎の外壁を囲いによって覆い、戦火から守り抜いた。この市庁舎は何度も改修されているが、一番新しい改修は2003年のことである。
ブレーメン市庁舎・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像より)]

ラーツケラー(The Ratskeller in Bremen)
[市庁舎地下にある酒場で、1653年に作り上げられたドイツ最古のワイン樽蔵である。  (wikipedia・ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像より)
1900年前後のラーツケラー・wikipedia-photo]

[市庁舎の地下にあるレストラン。特に、色々な地方のドイツ・ワインを味わうことができる。また、ドイツ料理が主で、ブレーメン料理を味わうこともできる。ドイツ人に言わせると、味の方は、値段の割には今ひとつ。しかし、良い雰囲気を味わうことはできる。入り口は、「ブレーメン 町の音楽隊」像の並び。画像リンク  (「ブレーメンの味」より)]

ブレーメン市庁舎ホームページ」 – 「ブレーメン市庁舎の歴史と建築」「市庁舎の内外のモチーフ」「ラーツケラー

ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 – Google Map 画像リンク」「Bremen Town Hall – Google Map 画像リンク」「Town Musicians of Bremen – Google Map 画像リンク」「Bremen Ratskeller – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ北北東方向がブレーメン市庁舎です。

1階 – コンバーチブルホール

1階 – 上院ホール

2階 – ブレーメン市庁舎階段ルームのカメラです。カメラ西方向右ドアがボールルーム、左がアッパータウンホールになります。

2階 – アッパータウンホール:ブレーメンで最も美しいパーティールーム、カメラ南方向が秘密の星:ギルド室です。

2階 – ボールルーム:大規模なレセプション用の部屋

2階 – 暖炉の部屋

ラーツケラーのストリートビューです。

「ブレーメン 町の音楽隊」像前・夜のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*