ベットヒャー通り

マーカーはベットヒャー通りです。

ベットヒャー通り
[シュッティンクとブレーメン綿取引所の間に1922年から1931年に造られた総合芸術であるベトヒャー通りがある。この通りはコーヒーで財を成したロゼリウスが、ゴシック様式アール・ヌーヴォーを取り入れた通りを造ろうと、地元の芸術家に造らせた通りである。この通りはヴェーザー川沿いのマルティン教会に通じている。
ベトヒャー通りの入り口・wikipedia-photo、ベトヒャー通り・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレーメン・マルクト広場周辺より]

ベットヒャー通り北東端の位置・カメラ南南西方向がベットヒャー通り黄金のマークです。

ベットヒャー通り・ローゼリウス邸・美術館前広場のカメラです。

ベットヒャー通り・ローゼリウス邸・美術館前広場の360citiesです

ベットヒャー通り・ローゼリウス邸・美術館前広場の360citiesで、観光客からひときわ熱い視線を集める仕掛け時計の「グロッケンシュピール(Glockenspiel)」が。屋根と屋根の間に掛かる30個のマイセン磁器の鐘。12~18時の毎時おきの鐘の音に合わせて時計の横にある板絵が動き出し、コロンブスやリンドバーグなど大航海時代をテーマにした絵が回りながら現れます。(「中世の街を再現したベトヒャー通り/ブレーメン [ドイツ] All About」より)]

ベットヒャー通り、南西端の位置・カメラ東北東方向がベットヒャー通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*