ローゼリウス邸・美術館

カメラ位置はローゼリウス邸・美術館です。

ローゼリウス邸・美術館
[ベットヒャー通りは旧市街にある長さ約100mの道路ですが、そこに並ぶ建物が文化財保護指定を受けていることでよく知られています。パウラ・モーダーゾーン・ベッカー美術館とロゼリウス・ハウスの博物館を合わせたベットヒャー通りの美術コレクションは、表現主義建築と、世界レベルの美術館、そして歴史的な都市貴族の館が一つになってユニークなアンサンブルを作っています。建物は相互に結合していて、一巡できるようになっています。パウラ・モーダーゾーン美術館は一人の女性画家・パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(Paula Modersohn-Becker, 1876年-1907年)の作品のために造られた、世界最初の美術館です。この女性画家の全ての創作期の絵画とスケッチが展示されています。ロゼリウス美術館は中世後期の美術品、異なる時代の住まいの文化、ティルマン・リーメンシュナイダールーカス・クラナッハの作品、“カンパニー・シュヴァルツェン・ホイプター・ツー・リーガ”の銀製の宝物が展示されています。毎週月曜日休館。  (「観光の国ドイツ – 市 – ブレーメン Bremen – 博物館・美術館」より)]

[ローゼリウス邸・wikipedia-photo]

ローゼリウス邸・美術館前のカメラで、カメラ東方向が美術館エントランスです。

上のカメラ位置とほぼ同じ位置で、ローゼリウス邸・美術館前の360citiesです。

美術館エントランスのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*