ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウス

マーカーはヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウスです。

ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウス(Wilhelm Wagenfeld House)
[ヴィルヘルムワーゲンフェルトハウス(ドイツ語:Wilhelm-Wagenfeld-Haus)は、ドイツブレーメンにあるデザイン博物館と展示センターです。 1828年に新古典主義様式で完成したこの建物は、20世紀の家庭用品の設計に大きく貢献したブレーメン生まれのヴィルヘルム・ワーゲンフェルド(Wilhelm Wagenfeld・1900〜1990年)の名前が付けられています。ワーゲンフェルトの作品のコレクションに加えて、建物は一時的なデザインの展示会を開催しています。 ブレーメンの旧市街(アルシュタット)にあり、クンストハレブレーメン美術館に近接しています。
向かいのゲルハルト・マルクス・ハウス(Gerhard Marcks House)とこの建物は、フリードリッヒ・モリッツ・シュタム(Friedrich Moritz Stamm)によって設計されました。どちらもドリス式の柱廊を備えたシンプルな2階建ての建物でした。通りを見下ろす2階の窓がないため、両方とも閉じた外観になります。建物の正面と背面の窓には、ハインリッヒフレスがデザインした軍事レリーフが飾られ、1973年に完成しました。ヘルメット、盾、剣、軍の紋章が描かれています。 もともとはオスタートルヴァッシュ刑務所(Ostertorwache)の構成要素である留置所(Detentionshaus)として知られ、建物は刑務所および警察署として機能していました。
「ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウス」・wikipedia-photo、1825年の建物(左)・wikipedia-photo]

Wilhelm Wagenfeld House – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウスです。

ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト・ハウス内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*