聖ペトリ大聖堂(大聖堂博物館)

マーカーは聖ペトリ大聖堂(大聖堂博物館)です。

聖ペトリ大聖堂(Bremen Cathedral・大聖堂博物館)
[1042年に建築が開始された大聖堂。最も古い部分は、西と東側の地下納骨堂。ドーム博物館も内部にある。塔に登ることもできる。塔の上からブレーメンの町を一望してみよう。  (「地球の歩き方」より)]

[ブレーメン市庁舎の隣に聖ペトリ大聖堂があります。高く尖った2本の塔が特徴的です。8世紀の木造建築から、石造りとなった9世紀、火事で破壊された後の11世紀に立て直され、ロマネスク建築ゴシック建築などの建築様式がまじり合った大聖堂です。聖堂内は、タイル画やステンドグラス、彫刻にシャンデリアなど豪華な美しさです。また、聖堂博物館も併設。中世の芸術品や、司教たちの副葬品や式服などが展示されています。  (「多彩な顔をもつ町ブレーメン | たびどん! – 海外旅行情報をどーんとお届け」より)]

[聖ペトロに捧げられたブレーメン大聖堂(ドイツ語:Bremer DomまたはSt. Petri Dom zu Bremen)は、ドイツ北部のブレーメン中心部のマルクト広場にある教会です。この大聖堂は、ドイツの福音派教会というプロテスタントの傘下組織のメンバーであるブレミアン福音派教会に属しています。ブレーメンの旧王子大司教(Prince-Archbishopric of Bremen)の前の大聖堂です。 1973年以来、モニュメント保護法によって保護されています。
一般的に、ブレーメン大聖堂は中世の建物です。 最も古い目に見える構造は、2つの地下室です。ロマネスク様式と砂岩で造られた最後の部分は、西側のファサードと西側の塔の下層階でした。1220年代後半以降、丸天井と壁はレンガで建てられ、一部は砂岩のシートで覆われていました。チャペルの南列の外壁だけが隠されていないレンガを見せています。 聖ペトリ大聖堂はヨーロッパ最大の歴史的なレンガ造りの建造物の1つですが、石造りの建造物が多すぎてブリック・ゴシック(Brick Gothic)に包含されません。1888年から1901年にかけて大規模に修復された際、西側の塔とほとんどの西側のファサードは、以前の建造物に比較的近く再建されました。交差塔は、ヴォルムス大聖堂の中世の交差塔を例として使用して、新たに追加されました。
教会は1943年の第二次世界大戦連合国の空襲で焼夷弾に見舞われ、1945年に高爆発爆弾が北側通路の金庫室の一部を崩壊させるまで繰り返し爆撃を受けました。その空隙のために、建物が完全に崩壊する恐れがありました。しかし、すべての屋根と窓はすぐに閉じられ、1950年までにヴォールトは再建され、建物全体が安定しました。1972年から1981年にかけて、教会は再び修復されました。これらの作業中に、基礎と床下の墓の考古学的な徹底的な調査が行われました。構造の唯一の変化は、北側のトランセプト(袖廊)の新しいバラ窓でしたが、ネオビザンチン絵画の多くは姿を消しました。ステンドグラスの窓のデザインはまったく新しいものです。
宗教改革の前夜、大聖堂には50の祭壇がありました。現在、4つの祭壇と1つの説教壇があります。主祭壇はクワイヤにあります。小規模なサービスの場合、中央身廊の北側の中央にある説教壇の横に中央の祭壇があります。北のファサードから救われた十字架を背負ったキリストの彫刻の胴体で装飾されています。他の2つの祭壇は地下室にあります。洗礼礼拝堂として現在使用されている西部の地下室では、大聖堂の最も古い彫刻、聖ペテロの鍵を持つ支配者としてのイエス・キリストで飾られています。
1638年に設置された説教壇は、スウェーデン女王クリスティーナ(在位:1632年 – 1654年)からのブレーメンの人々への贈り物でした。女王の軍隊は、三十年戦争(1618年–1648年)の過程で、すでにブレーメンのプリンス・アーキビショップリック(Prince-Archbishopric)を占領し、都市の獲得も目指していました。説教壇は元の場所に残っています。
大聖堂博物館は、1970年代の大聖堂の修復時にサイドチャペルの1つに設立されました。
大聖堂には、北タワーと南タワーと呼ばれる、89メートルのツインタワー(風向計92.31 m)があります。いくつかの主要なロマネスク様式の教会と同様に、ブレーメン大聖堂には西に2番目のクワイヤがあります。塔はこの西部クワイヤに隣接して建設され、1215年と1253年以降、教会の西部正面を形成しました。1346年に塔は補強され、不均一な高さのピラミッド型の屋根が設置されました。塔が1890年代に復元されて建てられたとき、現在でも塔を覆っている屋根が設置されました。サウスタワーに登って街を眺めることができます。北の塔には登頂することはできません。交差塔は、19世紀の終わりのまったく新しい追加です。

1888年以前の大聖堂の計画(南側はまだ回廊に接続されていたが、1912年に火災により破壊された)

ブレーメン大聖堂西側のファサード・wikipedia-photo、北正面のブレーメン大聖堂・wikipedia-photo、「中央身廊:右側には、北側通路に向かう2階建てのアーケード、ロマネスク様式では低く、初期および後期ゴシック様式では上部のツインアーケード」・wikipedia-photo、「1502年から1522年に修復され、中央身廊の高さまで上がった北側通路(後期ゴシック様式)」・wikipedia-photo、1638年の説教壇・wikipedia-photo、最も古いボールトは西のメインオルガンの上にあります・wikipedia-photo、クワイヤはロマネスク様式のフロアプランを持っています・wikipedia-photo、西のクリプト・wikipedia-photo、「聖書の庭(旧回廊)の向こうに見られる交差塔、身廊と南翼廊」・wikipedia-photo]

聖ペトリ大聖堂 – Google Map 画像リンク」「Dom-Museum – Google Map 画像リンク」「ブレーマー・ビーベルガルテン – Google Map 画像リンク

カメラ位置は黄昏のマルクト広場で、カメラ初期設定方向が聖ペトリ大聖堂、大聖堂の左がブレーメン市庁舎、大聖堂の右がビュルガーシャフト(議事堂)です。

聖ペトリ大聖堂前のカメラです。

聖ペトリ大聖堂北ファサードのカメラです。

聖ペトリ大聖堂中央身廊・中央祭壇、説教壇前のカメラです。

聖ペトリ大聖堂高祭壇前のカメラです。

西のクリプト

聖ペトリ大聖堂中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*