聖ペトリ大聖堂(大聖堂博物館)

マーカーは聖ペトリ大聖堂(大聖堂博物館)です。

聖ペトリ大聖堂(大聖堂博物館)
[1042年に建築が開始された大聖堂。最も古い部分は、西と東側の地下納骨堂。ドーム博物館も内部にある。塔に登ることもできる。塔の上からブレーメンの町を一望してみよう。  (「地球の歩き方」より)]

[ブレーメン市庁舎の隣に聖ペトリ大聖堂があります。高く尖った2本の塔が特徴的です。8世紀の木造建築から、石造りとなった9世紀、火事で破壊された後の11世紀に立て直され、ロマネスク建築ゴシック建築などの建築様式がまじり合った大聖堂です。聖堂内は、タイル画やステンドグラス、彫刻にシャンデリアなど豪華な美しさです。また、聖堂博物館も併設。中世の芸術品や、司教たちの副葬品や式服などが展示されています。  (「多彩な顔をもつ町ブレーメン | たびどん! – 海外旅行情報をどーんとお届け」より)]

[「ブレーメンのマルクト広場。画面向かって左からブレーメン市庁舎、聖ペトリ大聖堂、ビュルガーシャフト(議事堂)」・wikipedia-photo、聖ペトリ大聖堂・wikipedia-photo]

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ方向が聖ペトリ大聖堂、大聖堂の左がブレーメン市庁舎、大聖堂の右がビュルガーシャフト(議事堂)です。

聖ペトリ大聖堂前のカメラです。

聖ペトリ大聖堂内陣前の360citiesです。

聖ペトリ大聖堂側廊の360citiesです。

大聖堂博物館内の360citiesです。

大聖堂中庭の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*