アルテス・シュタットハウス(旧市庁舎)

マーカーはアルテス・シュタットハウスです。

アルテス・シュタットハウス(Altes Stadthaus)
[アルテス・シュタットハウスは旧東ドイツの閣僚評議会議長(首相)官邸として使用された。  (wikipedia・連邦首相府_(ドイツ)より)]

[アルテス・シュタットハウスは手狭になった赤の市庁舎の第二市庁舎として1902年 – 1911年に建設されました。第二次世界大戦後、東ベルリンの市庁舎は赤の市庁舎が使われ、第二市庁舎は1956年から1990年(初代首相オットー・グローテヴォール、最後の首相ロタール・デメジエール)までの旧東ドイツ公邸として使われました。1990年代半ばには、大規模な改装を始め、アルテス・シュタットハウス(Altes Stadthaus)として使用されています。]

アルテス・シュタットハウス – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がアルテス・シュタットハウスです。

アルテス・シュタットハウスホールのカメラです。