アレクサンダー広場

マーカーはアレクサンダー広場です。

アレクサンダー広場
[アレクサンダー広場(Alexanderplatz)とはドイツの首都ベルリンミッテ区にある広場。同市の交通の要衝でもあり、近くにはベルリン大聖堂赤の市庁舎がありシュプレー川が流れている。元は牛の市場であった。ロシア皇帝のアレクサンドル1世が、1805年10月25日にベルリンを訪れたことを祝って、名づけられた。19世紀には、近くに建設された同名の駅や私設の市場と共に、重要な役割を果たすようになり、主要な商業センターとなった。1920年代には、ポツダム広場と共にベルリンのナイトライフの中心となった。広場は何度か再開発され、最近では1960年代に東ドイツによって行われ、この時にベルリンテレビ塔が建てられた。広場にはウーラニアー世界時計があり、待ち合わせ場所に利用されている。  (wikipedia・アレクサンダー広場より)]

アレクサンダー広場 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はアレクサンダー広場北側です。

アレクサンダー広場北側冬のカメラです。

カメラ位置はアレクサンダー広場南側で、ウーラニアー世界時計前のカメラです。

アレクサンダー広場イベント開催中のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*