アンネ・フランク・ツェントルム

マーカーはアンネ・フランク・ツェントルムです。

アンネ・フランク・ツェントルム
[アンネ・フランク・ツェントルム (ドイツ語: Anne Frank Zentrum) は、アンネの日記で知られるユダヤ人少女アンネ・フランクに関する展示を行う施設、ならびにその運営団体である。ドイツベルリンに所在し、オランダアムステルダムにあるアンネ・フランクの家と提携関係を結んでいる。アンネ・フランクの生涯を扱うことで、ナチズムの犯罪とアンネの日記のメッセージを記憶に留める事を推進する。
設立は1994年にベルリンで「アンネ·フランクの世界 1929-1945」展の準備をしていた頃に遡る。その展示会はナチス統治解放50周年を記念し6つの地区で行われた。それを契機に、アンネ・フランクの展示は継続すべきとの声が上がった。
1998年6月12日にアムステルダムのアンネ・フランクの家と協力協定が結ばれ、ベルリンのミッテ区にアンネ・フランク・ツェントルムがオープンした。
ベルリンの常設展
2006年11月以来、アンネ·フランク·ツェントルムは前述の協力によって「アンネ·フランク。今、ここに」の新しい展示が可能になった。その展示はアンネ·フランクの生涯と置かれた時代の状況を伝えるものである。文書、展示品、写真や映画により、訪問者は若い作家の記した世界への洞察を得る。
それに加え、ベルリンの若者がアンネの日記から得たアイデンティティ、価値、戦争と勇気について語るコーナーがある。
「アンネ・フランク・ツェントルム」・wikipedia-photo  (wikipedia・アンネ・フランク・ツェントルムより)]

アンネ・フランク・ツェントルム – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がアンネ・フランク・ツェントルムになります。

アンネ・フランク・ツェントルム前の360citiesになります。