ウンター・デン・リンデン

マーカーはNeustädtische Kirchstraße交差点です。

ウンター・デン・リンデン
[ウンター・デン・リンデン(Unter den Linden) とはドイツベルリンの大通りの一つである。通りの中央に散策路があり、物売りがいて、ベンチがあり、散策者は菩提樹の並木道を満喫することができる。通り名のウンター・デン・リンデンとは「菩提樹の下(の通り)」そのものである。距離的にはブランデンブルク門 からプロイセン王宮までの短い通りであるがベルリンの興隆を示す多くの歴史的建造物がある。
1647年、フリードリヒ・ヴィルヘルム_(ブランデンブルク選帝侯)が先進の建設技術に秀でたオランダ人技術者に王宮から狩場であるティーアガルテンへ向かう一直線の菩提樹の並木道を建設させた。この並木は王族や貴族たちの散策路としても使われた。当時は沿道には建物もなく荒地であった。しかし城壁で囲まれたベルリンは城壁を越えて西の方向に膨張をはじめる。1674年、並木道の北側に貴族や富裕な市民が新市街ドロテーエンシュタットを建設、1688年から1698年に南側にフリードリヒシュタットが建設され、沿道は格子状の整然とした市街を形成するようになった。ウンター・デン・リンデンはこれら新市街に挟まれた通りとして改めて整備が行われ、以後、プロイセン絶対君主たちは沿道に権威を誇示するような教会や広場や文化施設を建設した。1696年にティーアガルテンを越えた先にシャルロッテンブルク宮殿が完成すると、ウンター・デン・リンデンはティーアガルテンを貫いて同宮殿の方向に延長され、通り名はシャルロッテンブルク通りとなった(現在の六月十七日通り)。
「ウンター・デン・リンデンの並木道の秋景色」・wikipedia-photoフリードリヒ2世_(プロイセン王)大王騎馬像と菩提樹の並木・wikipedia-photo、ベルリン大聖堂からブランデンブルク門までの鳥瞰図wikipedia-photo  (wikipedia・ウンター・デン・リンデンより)]

カメラ位置はフンボルト大学ベルリン前で、カメラ西方向がウンター・デン・リンデンです。

カメラ位置はNeustädtische Kirchstraße交差点で、カメラ東南東方向にベルリン・コーミッシェ・オーパーがあります。

カメラ位置はブランデンブルク門広場前で、カメラ西方向がブランデンブルク門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*