オーバーバウム橋

マーカーはオーバーバウム橋です。

オーバーバウム橋(Oberbaumbrücke)
[ベルリンの象徴ともいうべき名所のひとつ。かつてはベルリンを要塞化し、東と西をつないでいました。ここを歩いて渡れば、絶景を楽しめます。
シュプレー川に架かるオーバーバウム橋を渡ると、ベルリンの歴史が感じられます。初代のオーバーバウム橋は、市内への入口として 1700 年代に架けられた木の跳ね橋でした。「オーバーバウム」とは「上 (流) の木」という意味で、夜間に川を遮断するために使用された硬い木の幹を指しています。現在の二階建てのオーバーバウム橋は 1896 年に開通しました。目を引くゴシック様式の 2 本の塔は、かつての関門としての役割を象徴しています。
オーバーバウム橋は、ベルリン市内とシュプレー川を一望できる眺めも自慢です。北西を向くと歴史的なベルリンの壁と、壁を彩るイースト サイド ギャラリーが見えます。
1961 年から 1989 年までは東西ベルリンをつないでいたオーバーバウム橋。西側には通行人用の国境検問所が設置されていました。壁の崩壊以降、道路と鉄道が再開されました。  (「オーバーバウム橋 / ベルリン旅行|エクスペディア」より)]

Oberbaum Bridge – Google Map 画像リンク」「Open Air Gallery auf der Oberbaumbrücke – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がオーバーバウム橋です。

黄昏のオーバーバウム橋です。

カメラ西南西方向がオーバーバウム橋です。

カメラ位置はオーバーバウム橋北端です。

オーバーバウム橋北端黄昏のカメラです。

オーバーバウム橋アーケードのカメラです。

オーバーバウム橋中央部黄昏のカメラです。