カレー・ヴルスト コノプケス・インビス

マーカーはカレー・ヴルスト コノプケス・インビスです。

カレー・ヴルスト コノプケス・インビス
[カレー・ヴルストとは、ドイツで広く愛されている屋台メニュー。直訳すれば「カレーソーセージ」だが、別にソーセージ自体がカレー味というわけではなく、普通の焼ソーセージにケチャップがかかり、その上にパラパラとカレー粉を散らした代物。”Imbiss”(スナック)と書かれた看板のあるスタンドには、大抵このカリーヴルストがある。
そんなどこにでもあるカリーヴルストスタンドだが、なぜかベルリンのこのお店「コノプケス・インビス」は、日本のメディアでもよく紹介される。殆どNHKしか観ない僕だが、これまでに「世界ふれあい街歩き」、「テレビでドイツ語」、あともう1つ何かの番組で見た。そこで映されるこの店のカリーヴルストは本当にうまそうだし、お客たちがまたうまそうに食べていて、これを見たらやっぱり行きたくなる。
ベルリンのホテルのご主人に、「コノプケス・インビスを知っているか」と訊いたら、「もちろん知ってるよ。ベルリンで一番うまいカリーヴルストの店だからね。」と即答。地元の人が言うのだから、行く価値は絶対ありそうだ。ご主人に行き方を訊いて早速出かけた。場所は、ベルリンの中心街からはわずかに外れたところ、ベルリン地下鉄2番(U2)の地上駅「エーベアスヴァルダーシュトラーセ(Eberswalder straße)」からすぐのガード下。近くにはトラム(ベルリン市電)も走っている旧東ベルリン地区だ。店の前には行列ができているので遠くからでもすぐに見つかった。  (「ベルリン町中探訪 その3 カリーヴルスト、ニコライ地区、ジャンダルメン …」より)]

これは旨い!ベルリンで最も人気のカリーブルスト店とは? | ドイツ

カメラ北北東方向がカレー・ヴルスト コノプケス・インビスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*