グスタフハイネマン橋

マーカーはグスタフハイネマン橋です。

グスタフハイネマン橋(Gustav-Heinemann-Brücke)
[グスタフハイネマン橋は、ベルリンミッテ区のミッテ地区(Berlin-Mitte)にあるシュプレー川に架かる歩道橋です。ベルリン中央駅の開通に関連して作成され、ラヘル・ヒルシュ・シュトラーセ(Rahel-Hirsch-Strasse)にある北部のシュプレー遊歩道(Spreepromenade)と南部のルートヴィヒ・エアハルト・ウーファー(Ludwig-Erhard-Ufer)を接続しています。
都市計画の面では、橋はシュプレーボーゲン公園(Spreebogenpark)からワシントンプラッツ(Washingtonplatz)へのアクセスを提供し、その正確な南北方向で、議会と政府の地区を主要鉄道駅のベルリン中央駅に接続します。 連邦道路 96(Bundesstrasse 96)を備えた3つのトンネルの複合体ティーアガルテン・トンネル(Tiergartentunnel)は、歩道橋であるグスタフハイネマン橋とシュプレー川の下を通っています。
スイスの建築家マックス・ダドラー(Max Dudler)のオフィスが近代的な歩道橋を設計し、エンジニアリングオフィスのグラスル(Grassl)が構造計画を実施しました。歩行者通路は、プレストレストスチールガーダー(Vierendeelträger)で構成され、幅は5メートル、全長は88メートルで、土手上の2つのコンクリート柱で支えられています。リベットで留められた木製の板が橋の歩廊を形成し、鋼製高欄はコンクリート支柱に固定された鋼製の梁と小柱の内側に設置されています。橋の建設には220トンの木と鋼が使用されました。この橋は、元連邦大統領グスタフ・ハイネマンを称えてその名前が付けられました。橋は短期間で建設され、2005年6月30日、元連邦大統領ヨハネス・ラウの妻でグスタフ・ハイネマンの孫娘であるクリスティーナ・ラウの前で、都市開発上院議員インゲボルグ・ユンゲ・レイエ(Ingeborg Junge-Reyer)によって開かれました。
中央駅前のグスタフハイネマン橋・wikipedia-photo、「橋から見たルートヴィヒ・エアハルト・ウーファー」・wikipedia-photo]

Gustav Heinemann Bridge – Google Map 画像リンク

グスタフハイネマン橋の鳥瞰カメラです。

グスタフハイネマン橋上のカメラです。

カメラ西北西方向がグスタフハイネマン橋です。