シャルロッテンブルク宮殿

マーカーはシャルロッテンブルク宮殿です。

シャルロッテンブルク宮殿
[シャルロッテンブルク宮殿(独:Schloss Charlottenburg)とは、ドイツベルリンシャルロッテンブルク=ヴィルマースドルフ区にあるプロイセン王国の宮殿。プロイセン王フリードリヒ1世が妃ゾフィー・シャルロッテのために建設。最初は「リーツェンブルク宮殿」(Schloss Lietzenburg)と呼ばれていたが、ゾフィー・シャルロッテの死後に改名された。 1943年にベルリン空襲で大被害を受けたが、現在は復元されている。世界遺産に登録されている。
シャルロッテンブルク宮殿・wikipedia-photo、シャルロッテンブルク宮殿の庭園・wikipedia-photo (wikipedia・シャルロッテンブルク宮殿より)]


b-b 本棟、c-c 大温室、e-e 劇場、d-d 新翼

シャルロッテンブルク宮殿ホームページ

シャルロッテンブルク宮殿 – Google Map 画像リンク」、「シュロスガルテン・シャルロッテンブルク – Google Map 画像リンク」、「Charlottenburg Palace – New Wing – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がシャルロッテンブルク宮殿です。

シャルロッテンブルク宮殿前庭のカメラです。

本棟 – 地上階中央ドーム下のホール
[初代プロイセンの王フリードリヒ1世がゾフィー・シャルロッテ妃のために1695年に建設を開始。その後およそ100年の間に何度かの増改築を経て現在の形となった。本棟には王夫妻のそれぞれの居室があるほか、壁全面に陶磁器が飾られた「陶器の間」は圧巻。  (「シャルロッテンブルク宮殿 | まっぷるトラベルガイド」より)]

本棟 – 上階中央ドーム下のホール

本棟 – 陶器の間
[この陶器の間は、王の栄光と権力を象徴しており、暁による夜の追放を題材にした天井画は、日が沈むことのない王の栄光を表しています。
ちなみに、王妃シャルロッテはこの部屋の完成を見ることはありませんでした。彼女に捧げられた宮殿とはいえ、着工から10年後に亡くなったために、完成を見られなかった部屋も少なくなかったのです。  (「【ベルリン】王妃に捧げた美しき夏の離宮「シャルロッテ …」より)]

シャルロッテンブルク宮殿庭園のカメラです。

カメラ北方向が新翼です。
[本棟の隣に建つ新翼はロココ調で、本棟よりもずっとシンプルなすっきりとした外観。重厚感漂う本棟に比べると、内装にも気負いのない軽やかな雰囲気が感じられます。ここで必見なのが、ロココの可憐な装飾が印象的な「ゴールデンギャラリー」。フリードリヒ大王の時代に造られた最も重要なロココのインテリアのひとつです。  「【ベルリン】王妃に捧げた美しき夏の離宮「シャルロッテ …」より)]

新翼 – 中央エントランスホール

新翼 – 階段室

新翼 – 中央エントランスホールの上階ホール、次の間がゴールデンギャラリーになります。

新翼 – ゴールデンギャラリー

大温室のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*