ティーアガルテン

マーカーはカメラ位置です。

ティーアガルテン
[大ティーアガルテン (Großer Tiergarten) はベルリン中心部、ミッテ区のティーアガルテン地区に位置する広大な公園。単に「ティーアガルテン」といった場合には、この大ティーアガルテンのことを指す場合が多いが、同じくミッテ区のモアビート地区にもティーアガルテンという名の公園があるため、ティーアガルテン地区のものには「大」を、モアビート地区のものには「小」を冠して区別している。総面積は210ヘクタールで、これはロンドンハイド・パーク(125ヘクタール)やニューヨークセントラル・パーク(335ヘクタール)と並ぶ規模である。かつては王家の狩猟場だった。1818年からと1832年-1840年の2回、造園家ペーター・ヨセフ・レンネによって現在の形に整備される。中心部に戦勝記念塔が建ち、公園内を6月17日通りが通る。南西にベルリン動物園、東にブランデンブルク門がある。
大ティーアガルテン(上空からの全景)・wikipedia-photo、大ティーアガルテンの散策路・wikipedia-photo  (wikipedia・ティーアガルテンより)]

ノイーア湖畔・カメラ西方向が湖畔進入口、南南東方向はスペイン大使館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*