ドイツ技術博物館

マーカーはドイツ技術博物館です。

ドイツ技術博物館
[ベルリン・ドイツ技術博物館(独: Deutsches Technikmuseum Berlin (DTM/DTMB))は、ベルリンに1982年に開設され、歴史的な技術的製品の大きなコレクションを展示している。博物館の重点は鉄道輸送機関にあるが、またいろいろな産業テクノロジーの展示をも特徴とする。近年、海運および航空展示ホールを開設した。博物館はスペクトラムと呼ばれる科学センターも有する。2002年5月15日に、コンピュータの先駆者コンラート・ツーゼの発明を呼び物にした特別展示が始まった。ベルリンのクロイツベルク地区の、以前はアンハルター駅の貨物輸送倉庫の一部だった建物にある。建物の有名なC-47 “Raisinbomber” スカイトレインは、テレビ塔の最上部から、そして、ベルリン・テンペルホーフ国際空港に下降中の航空機から容易に見ることができる。博物館はたいへん多くの所蔵品を持ち、大きな航空機部にはメッサーシュミットBf 110、フラック砲、シュトゥーカV1飛行爆弾等を所蔵する。
「ベルリン・ドイツ技術博物館の新館」・wikipedia-photo  (wikipedia・ドイツの鉄道車両保存機関より)]

ドイツ技術博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がドイツ技術博物館です。

ドイツ技術博物館展示ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*