ニコライ教会

マーカーはニコライ教会です。

ニコライ教会
[アレキサンダー広場から徒歩15分ほど、赤の市庁舎からシュプレー川にかけての地域はベルリンの街が生まれ広がる起点となった場所。近代的な建物が多いベルリンの中で、唯一おとぎ話のような中世ドイツの雰囲気を感じられ、中世を舞台にした映画の撮影などに使われることも。この地区で中心的なのが1230年建造ベルリン最古の教会であるニコライ教会。教会の中は博物館となっています。  (「ベルリン(ドイツ)のおすすめその他散策・街歩き | 現地を知り尽くしたガイド」より)]

[ニコライ教会はベルリン最古の教会。ベルリン中央部ミッテのニコライ地区にあります。教会が建てられたのは 1230 年ごろ。バシリカは建築当時のロマネスク様式で、増設部分は後期ゴシック様式
教会とこの地区は、ベルリンが都市となってすぐに設立されました。教会の外観には、様々な建築様式が見られます。石造りのバジリカには西塔が追加され、1452 年には聖母マリア礼拝堂が建設されました。見上げると、この教会のシンボルともいえる 2 つの尖塔が空に向かって伸びています。これは 1876 年に増築されたもの。
ニコライ教会の内部は 1987 年に博物館として公開されるようになり、煌びやかな調度品や中世後期の絵画が展示されています。常設展示の「フロム ザ ベース オブ ザ シティ トゥ ザ ダブル スパイア」は教会とニコライ地区の歴史を紹介しています。この教会は第二次世界大戦中に爆撃を受けたため、当時の調度品の多くが焼失し、残ったとしても大がかりな修復が必要とされました。
ニコライ教会で定期的に開催される夜のコンサートでは、音楽やコーラスのリサイタルを楽しめます。
教会は毎日開いており、入場は有料。毎月第一水曜日は無料で入場できます。  (「ニコライ教会 / ベルリン旅行|エクスペディア」より)]

[ベルリン市立ミュージアム財団(Stiftung Stadtmuseum Berlin)が運営しています。 (wikipedia・ベルリンの博物館・美術館より)]

ベルリン最古の教会 Nikolaikirche (ニコライ教会)|Hallo!ベルリン …

カメラ東南東方向がニコライ教会です。

カメラ初期設定方向がニコライ教会で、右方向に井戸があります。

カメラ北西方向がニコライ教会です。

カメラ初期設定方向がニコライ教会です。

ニコライ教会拝廊のカメラです。