ハッケシャー・ホーフ

マーカーはカフェ・レストラン、ハッケシャー・ホーフです。

ハッケシャー・ホーフ
[ハッケシェ・ヘーフェはベルリンミッテ地区の歴史と生活の様子を伝えています。 中庭を囲むドイツ最大のひとつのまとまった建物群で、1977年に保護文化財に指定されました。 建物のアンサンブルが素敵で、古きベルリンが再び蘇りました。 典型的なベルリンの中庭の雰囲気が漂い、そこにアートギャラリー、映画館、劇場、寄席演芸場、居酒屋、レストラン、バー、小さな店、大手ブランドのフラッグシップ店が混在しています。  (「ベルリン:手で触れることのできる世界都市。 – Germany Travel」より)]

[得に特徴的だと思ったのはHofと呼ばれる建物に囲まれた中庭で、このような作りのカフェやレストラン、ショップが多いことでした。そのHofが8個も囲んで立ち並ぶ「Hackesche Höfe」を覗いてみました。それぞれのHofに映画館、本屋、靴屋、ブティックとさまざまな店舗が立ち並び、買い物に疲れたら中庭でのんびり休憩してまた歩いて回るといったゆっくりとした時間が心地よかったです。  (「ベルリン女二人旅~♪」より)]

[博物館島から北のエリアにあるハッケシャー・ヘーフェは、地元デザイナーのショップやギャラリー、レストランなどが軒を連ねる人気のカルチャースポット。テナントが入っているのは、約100年前のユーゲントシュティール式の集合建築群ですごくオシャレ。集合建築入り口付近にあるカフェ・レストラン、ハッケシャー・ホーフは立地の良さから観光客にも人気のお店です。イタリアンとドイツ料理をベースにしたメインディッシュは16ユーロからで、10ユーロ以下のリーズナブルなビストロメニューも豊富です。夏場ならユーゲントシュティール建築を眺められる中庭のテラス席がオススメ。  (「ベルリンのレストラン・カフェ」より)]

カメラ位置はローゼンターラ通り(Rosenthaler Str.)で、カメラ西北西方向がハッケシャー・ホーフの出入り口の一つで、カメラ方向左がカフェ・レストラン、ハッケシャー・ホーフです。

カメラ西北西方向がハッケシャー・ホーフの出入り口の一つで、この路地先にオットー・ヴァイト盲人作業所博物館アンネ・フランク・ツェントルムがあります。

ハッケシャー・ホーフのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*