バウハウス資料館

マーカーはバウハウス資料館です。

バウハウス資料館
[バウハウス資料館は1976~79年で建築され、ヴァルター・グピロウスがその一部を手がけた。ただの博物館と違うのは、ここには図書館やワークショップ、レクチャー、会議などの活動が催されるところである。これが本来の名前の「バウハウス・アーカイブ」の由来である。ティーポット、タペストリー、絵画、プリント、ランプ、いす、テーブル、建築プラン、写真などに見られるアート、建築、デザインを含むバウハウスアートの歴史(1919-1933年)を見ることができる。オーディオガイドは、大量生産に利用できるような機能性と芸術性両方の側面を持つ必要性を説明してくれる。円筒形や正方形のような純粋な幾何学模様はデザインの基本形である。ミュージアムを訪れた後では、大型家具店IKEAのインスピレーションの源がわかるであろう。  (「バウハウス資料館」より)]

バウハウス資料館 -ドイツ -Architecture //ヴォルフロッシュ」、「バウハウス資料館・・ベルリン旅行その17 | システムエンジニアの晴耕

Bauhaus Archive – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がバウハウス資料館進入路です。

カメラ初期設定方向がバウハウス資料館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*