フランス大聖堂

マーカーはフランス大聖堂です。

フランス大聖堂(French Cathedral, Berlin)
[ジャン・ルイ・キアル設計のフランス・フリードリヒシュタット教会は、1701年から1705年にかけ、フランスからベルリンに亡命したユグノー派のために建てられました。1786年、ジャンダルメンマルクト改築の一環として、カール・フォン・ゴンタルトとゲオルク・クリスティアン・ウンガー設計の堂々たる塔が、フランス大聖堂に完成しました。第二次世界大戦で激しい損傷を受けた大聖堂は、1977年から修復されました。  (「Berlin – Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト) – visitBerlin.de JA」より)]]

[ドイツの首都ベルリン(Berlin)の大通り、ウンターデンリンデン(Unter den Linden)近くのジャンダルメンマルクト広場(Gendarmenmarkt)に建っている教会。コンツェルトハウス(旧シャウシュピールハウス)をはさんで、ドイツドーム(ドイツ大聖堂)と左右対称に並んでいる。ナントの勅令の廃止によりフランスで迫害されたユグノー(カルヴァン主義の改革派教会の新教徒)が、多数ベルリンへと移住してきた。ベルリンは彼らを受け入れたことにより大きく発展する。フランスドーム(フランス大聖堂)は、彼らユグノーのための教会として1701年に着工し、1705年に完成した。その後、18世紀後半のジャンダルメンマルクト改築計画において、ドイツドームと同様のドームが設置された。この教会はその後荒廃したが、教会は1983年に、塔は1987年に復元を終了した。◇現地名は「Franzoesicher Dom 」。ドームでは塔(鐘楼(しょうろう))の中を登ることができる。また、ドームの中にはユグノー博物館(Hugenittenmuseum)とカフェが併設されている。  (「フランスドーム(フランスドーム)とは – コトバンク」より)]

French Cathedral – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がフランス大聖堂です。

フランス大聖堂鐘楼内のカメラです。

フランス大聖堂鐘楼展望台のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*