フリードリヒス橋

マーカーはフリードリヒス橋です。

フリードリヒス橋(Friedrichsbrücke)
[フリードリヒス橋はアルト=ベルリン(Alt-Berlin)とアルト=ケルン(Alt-Kölln)の地区の間のベルリンシュプレー川を渡る橋です。アンナ-ルイサ-カルシュ-シュトラーセ(Anna-Louisa-Karsch-Straße)とボデシュトラーセ(Bodestraße)を接続します。1703年の最初の建設以来、フリードリヒス橋は数回完全に改装された、ドイツ指定建造物です。
18世紀初頭には、ベルリン中心部のシュプレー川に約30の橋があり、そのうちの1つは1703年に建てられたマルチフィールド(mehrfeldrige)の大ポメラニアン橋(Große Pomeranzenbrücke)でした。それはかつて独立していたケルンとベルリンの間のシュプレー川の重要な交差点でした。この橋の名前は、18世紀にはまだ博物館がなかったシュプレー島(Spreeinsel)のポメランゼンハウス(Pomeranzenhaus)にちなんでいます。プロイセン王フリードリヒ2世(在位:1740年 – 1786年)は彼の住居の魅力的な拡張を非常に重視し、とりわけ、ゲオルク・フリードリヒ・フォン・ブーマン(Georg Friedrich von Boumann)に建設される新しい橋を委託しました。彼の設計による、レンガのアーチ型の橋は1769年に完成しました。これは、カール・フェルディナンド・ランガンス(Carl Ferdinand Langhans)が監督したさらなる改修工事(木製の板で車道を補強)の後、1792年に現在の名前が付けられ、ニューフリードリヒス橋とも呼ばれました。建造物は、6つのヴォールトと中央のヒンジ付きブリッジセクションで構成されており、当時の帆船が妨げられずに通過できるように、昇降ブーム(Hebebaum)が立っていました。フリードリヒス橋には鋳鉄の手すりがあり、240プロイセンフィート(75メートル)の長さでした。
ベルリンの中心部での交通量の増加により、1822年1823年に実施された別の必要な改造(アイアンブリッジ(Eiserne Brücke)と同様)が行われました。クリンカーのヴォールトが解体され、ヒンジで固定された部品が取り外され、既存の橋の柱を使用して、7つの鋳鉄のトラスアーチを備えた大幅に変更されたフリードリヒス橋が改造されました。交通量の増大と軍事ユニット(Einheit (Militär))の使用により、1872年から1875年に新たな改造工事が行われ、橋は16メートルに拡張されたました。その10年後、中心市街地での輸送量の増加により、新たな問題が発生しました。シュプレー川の深化により、橋の基礎の安定性が脅かされ、2.10 mの余裕高では十分ではなくなったため、鉄製の構造を壊さなければなりませんでした。
資金調達についての長い説明の後、市議会は最終的にそれを完全に再建することを決定しました。新しい橋は、レンガの柱にある3つのアーチで構成され、橋台は、クリンカーレンガで建てられました。砂岩が目に見える表面、手すり、上部構造に使用されました。橋桁は木材が使用され、床スラブは花崗岩で覆われていました。カール・ベガス(Karl Begas)とカールパイパー(Carl Piper)のモデルに基づく石のベースに銅製の照明器具を備えた機器(ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアの4つの大陸の寓話)と橋台のオベリスクは、近くの美術館の建物に基づいていました。橋の位置を変更する新しい建設工事は1891年から1893年の間に行われました。古い基礎の上に仮設の橋をつくり、歩行者が建設期間中にシュプレー川を渡ることを可能にしました。新しいフリードリヒス橋は、船の通路高さが3.2メートルで、橋の幅は17メートルでした。1901年のポストカードには、この橋は「カイザーフリードリヒ橋」とも呼ばれています。
第二次世界大戦中、ドイツ国防軍は中央のヴォールトを爆破し、ベルリンの戦いでの赤軍の前進を妨害しました。終戦直後、爆破された部分は鋼の桁と木製の覆いで作られたその場しのぎの仮設の橋に取り替えられ、破壊されたヴォールトの部分は解体され、シュプレー川の瓦礫が片付けられました。仮設の橋は歩行者のみが使用できました。1981年1月26日、VEB Autobahnbaukombinatによるオリジナルモデルに基づいて、橋の再建が開始されました。プレストレスト・コンクリート桁は、支持構造として機能します。橋を少し下流に移動することで、橋の入り口にあるオベリスクが復興に組み込まれました。手すり、欄干、橋台の被覆材に砂岩を使用することは、博物館島の記念碑のアンサンブルに非常によく適合します。新しいフリードリヒス橋は車両通行が禁止されています。
フリードリヒス橋は2012年から2014年6月までに完全に改装されました。 27メートルの歴史的な幅への元の参照を復元するために、橋は南北に広げられました。拡幅に必要な長さ60メートルの鋼製縦梁は、2013年秋に2つのクレーンを使用して船によって2段階で持ち上げられました。この作業の過程で、手すりとオベリスクの既存の歴史的な天然砂岩の要素も修復されました。約770万ユーロが改修に費やされました。2014年6月末に工事が完了しました。
フリードリヒス橋・wikipedia-photo、鋳鉄フリードリヒス橋1886年・wikipedia-photo、「1900年頃の石造りのフリードリヒス橋、ベルリン証券取引所を背景に、青銅の鷲橋のオベリスク」・wikipedia-photo、拡幅前の橋・wikipedia-photo、再建されたフリードリヒスブリュッケの碑文・wikipedia-photo]

Friedrichs Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がフリードリヒス橋です。

フリードリヒス橋上のカメラです。

カメラ北方向がフリードリヒス橋です。