プレッツェンゼー監獄

マーカーはプレッツェンゼー監獄です。

プレッツェンゼー監獄(Plötzensee Prison)
[プレッツェンゼー監獄には、1933~45年まで反ヒトラー抵抗運動に参加していた市民が幽閉され、ここで2000人以上が処刑された。当時の処刑室の一部が残されている。残虐の極致が支配した暗黒時代があったことを決して忘れてはならないと「ヒトラー独裁の犠牲者たち」が語りかけてくる場所だ。  (「地球の歩き方」より)]

[プレッツェンゼー監獄(ドイツ語:JustizvollzugsanstaltPlötzensee、JVAPlötzensee)はベルリンのシャルロッテンブルク-ノルド地域(Charlottenburg-Nord)にある男性刑務所で、ベルリン司法行政が運営する577人の囚人を収容できます。1868年に設立された拘置所には長い歴史があります。 ナチス時代に死刑の主要な場所の1つとして悪名が高くなり、約3,000人の囚人が処刑されました。有名な囚人には、東ドイツの最後の共産党指導者エゴン・クレンツが含まれます。
刑務所は、プロイセン王ウィリアム1世(在位:1701年 – 1713年)のプロイセン政府の決議により設立され、1879年まで、近くのプロッツェン湖の名にちなんで名付けられたプロッツェン邸の敷地に建てられました(プッツェはポーランドの一般的なゴキブリのローカル名です。1859年に開かれたベルリン-シュパンダウ運河(Berlin-Spandau Ship Canal)によって分割された地域は、ブランデンブルク州のベルリン市境の北西にあるテーゲル(Tegel)森林の郊外に位置していました。
25.7 ha(64エーカー)の敷地内に最大1,400人の囚人が住んでいた。ユダヤ教会と祈りのエリアを含む25.7ヘクタール(64エーカー)の敷地に最大1,400人の囚人が住んでおり、当時はドイツ帝国最大の刑務所でした。第二次世界大戦後、ベルリンの爆破により破壊された建物は再建され、14歳から21歳までの犯罪者のための若者拘留センター(Jugendstrafanstalt Berlin)が収容されました。1987年に西部のフリードリヒ・オルブリッチ・ダム(Friedrich-Olbricht-Damm)に新たに建設された別館に移転したとき、プレッツェンゼー監獄のハウス1は再び577人の収容者を収容できる男性の刑務所になりました。冷戦とドイツの統一の終わり(ベルリンの壁崩壊)に、最後の共産主義の東ドイツの指導者エゴン・クレンツは、2000年から2003年までベルリンの壁でのシースベーフェール(Schießbefehl)命令により過失致死罪で有罪判決を受けました。現在、受刑者の約3分の1は、繰り返しの回避のために投獄されています。1983年、現代女性の刑務所は、ブンデスアウトバーン 100(Bundesautobahn 100)のフリードリヒ・オルブリッチ・ダムの南に建設されました。1998年以来、約300人の成人男性囚人、主に麻薬中毒者がプレッツェンゼー監獄に収容されています。
プレッツェンゼー監獄・wikipedia-photo、現在のプレッツェンゼー監獄・wikipedia-photo、「追悼壁は、処刑室をカバー」・wikipedia-photo、「Plotzensee記念、1984年に外部のサイン」・wikipedia-photo、現在残されている処刑室・wikipedia-photo]

ゲーデンスケッテ・プレッツェンゼー – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がプレッツェンゼー監獄です。

追悼壁前のカメラです。

現在残されている処刑室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*