ベルビュー宮殿

マーカーはベルビュー宮殿です。

ベルビュー宮殿
[ベルビュー宮殿は、1785~96年にフリードリヒ大王の末弟にあたるプロイセンフェルディナンド皇子により建てられた。 以降1861年までホーレンツォレルン家の居城として利用され、1935年から民俗学博物館、 1938年からはナチス・ドイツ政府の迎賓館として利用された。
第二次世界大戦では大きな被害を受け、その後、何も手を加えられることがないまま放置されていた。東西ドイツが統一され、1991年6月26日の連邦議会における遷都決議に関する討議は12時間に及ぶ長丁場となったが、 結果は337対330票という僅差でベルリンへの首都移転が決定した。これが、この後、ベルリン建設ブームの発端となった。そして、8年後の1999年4月19日、最初のドイツ連邦共和国議会がベルリンで行なわれ、ボンの議員達が遠地ベルリンに職場を移すこととなった。同年5月23日、新連邦大統領としてボン暫定派のヨハネス・ラウが選任されたが、ラウ氏は、大統領に就任後、 すぐにこのベルビュー宮殿を職場として外交儀礼職務に取り掛かった。
『現地購入ガイドブック・ベルリン(rahmel-verlag gmbh刊)他より』  (「ベルビュー宮殿(ベルリン)」より)
大統領は公式の席に使用して・wikipedia-photo、「ベルビュー、1797」・wikipedia-photo]

Bellevue Palace – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がベルビュー宮殿です。

カメラ北北西方向がベルビュー宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*