ベルリンの壁記念館

マーカーはベルリンの壁記念館です。

ベルリンの壁の痕跡

ベルリンの壁記念館
[ベルリンの壁(ドイツ語: Berliner Mauer)とは、冷戦の真っ只中にあった1961年8月13日に東ドイツ(ドイツ民主共和国)政府によって建設された、東ベルリン西ベルリンを隔てる壁である。1989年11月10日に破壊され、1990年10月3日にドイツ再統一されるまで、この壁がドイツ分断の象徴となった。
1945年5月8日の第二次世界大戦ナチス・ドイツの降伏により、ドイツは米・英・仏占領地域に当たり自由主義を名目とした西ドイツと、ソ連占領地域に当たり共産主義を名目とした東ドイツに分断された。ベルリンは、米・英・仏・ソ連によって分割占領されたが、米・英・仏の占領地域である西ベルリンは、周囲を全て東ドイツに囲まれた「赤い海に浮かぶ自由の島」となった事で、東ドイツ国民の西ベルリンへの逃亡が相次いだ。かかる住民流出に危機感を抱いたソ連共産党ドイツ社会主義統一党(東ドイツ政府)は、住民の流出を防ぐ為に壁を建設した。壁は両ドイツ国境の直上ではなく、全て東ドイツ領内に建設されていた。同一都市内に壁が建設された都市は、ベルリンとメドラロイト(Mödlareuth)だけであった。冷戦の象徴、そして分断時代のドイツの象徴であったが、1989年11月9日にベルリンの壁の検問所が開放され、翌11月10日に破壊され、今では一部が記念碑的に残されている以外には現存しない。  (wikipedia・ベルリンの壁より)]

[ベルリンの壁記念館は、分断されたドイツの資料館として、首都ベルリンの中心に置かれています。将来的には、旧国境地帯、ベルナウアー通り(Bernauer Straße)沿いにある歴史的な場所として、全長1.4 kmまで拡張される予定です。記念館がある場所には、最後のベルリンの壁の一部が残されています。重なり合った有刺鉄線とコンクリートによる壁は、1980年代末の国境撤去の状況を思い起こさせます。遮断されていた頃の国境や劇的な事件の足跡を辿ると、国の分断の歴史がよく理解できます。  (「ベルリンの壁記念館は – Gedenkstätte Berliner Mauer」より)]

ゲーデンスケッテ・ベルリナー・マウアー – Google Map 画像リンク

ベルリンの壁記念館鳥瞰のカメラです。

カメラ南方向がベルリンの壁記念館入口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*